ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝撃スキャンダルを暴いた真実の物語 『スポットライト 世紀のスクープ』レイチェル・マクアダムス「派手な作品ではないけど、しっかり観てほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月14日(木)、第88回アカデミー賞で作品賞&脚本賞をダブル受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』の来日記者会見が東京・日本外国特派員協会で行われ、本作に出演した女優のレイチェル・マクアダムスが出席。「一生に一度の、めぐりあわせ(の作品)。決して派手ではないけれど、しっかりと観てほしい作品になりました」と熱くアピールした。

本作は、ピューリッツァー賞に輝いたボストン・グローブ紙の調査報道チームの軌跡をベースに、数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルを果敢に暴いていく記者たちの奮闘を描く。紅一点の女性記者として活躍するサーシャ・ファイファーを演じたレイチェル自身も、アカデミー賞助演女優賞ノミネートされた期待の一作で、「被害者にとって、神父は神に近い大きな存在なんです。だから長い間、声を上げることができなかった」と罪深い事件について説明した。

女性記者を演じたレイチェルは、「ジャーナリストを学び、一筋縄ではいかない仕事ということ知った。とても素晴らしい職業だということ、彼らがいかに影のヒーローかを実感したわ」と役柄を経ての感想をコメント。アカデミー賞をはじめ高評価を得ていることについては、「この映画を観てもらって、勢いづいて、文字どおりスポットライトが当てられてうれしかったわ。普段であれば認知されない彼らの仕事を知ってもらえたから。ジャーナリストは、言葉をいくら尽しても足りないくらい重要な仕事なの」と満足そうな表情に。

旅が趣味というレイチェルだが、映画のプロモーションでの来日は初めてということで、日本外国特派員協会の会見には多くの報道陣が集合。近作の『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』などの好評価で”ラブロマンスのクイーン”と呼ばれているレイチェルだが、そのイメージを一新して強く優しい新聞記者を演じた本作では、アンサンブル賞として数々の賞を受賞。キュートなルックスだけでなく確かな演技力も高く評価され、演技派女優として新境地も開拓した。絶賛を集める本作について、「一生に一度のめぐりあわせだけれど、二度目を目指して探してみたいとも思います(笑)。決して派手な作品ではないけれど、しっかりと観てほしい作品になりました!」とサーシャさながらに熱くPRした。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』は、2016年4月15日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開!

■参照リンク
『スポットライト 世紀のスクープ』公式サイト
http://negicco.net

■今月のAOL特集
セレブの知られざる兄弟姉妹【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

きゃりーぱみゅぱみゅ、元カレ・セカオワFukaseとの交際や結婚観について赤裸々に語り話題に
三遊亭円楽の『笑点』ぶっちゃげトークが話題に 「舞台袖には看護師常駐」「座布団配りは嫌い」
美少女登竜門「ポカリスエット」の新CMに抜擢された八木莉可子(14歳)が可愛すぎてヤバい【動画】
フジ・加藤綾子アナの胸元全開ウエディングドレス姿に男性ファン大興奮!「カトパンが最強」
天使かよ!ママニャンコのミルクをひたすら飲む子ニャンコが可愛すぎるwww【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP