ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高さ日本一の「大観覧車」はシースルー構造!大阪に新たな夜景スポットが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完成。周辺一帯の注目度は非常に高まっています。

そんな同施設の勢いをさらに加速させること間違いなしの新スポットが、2016年7月1日(金)にグランドオープン予定。それが、ここで紹介する「REDHORSE OSAKA WHEEL」です。

高さ123メートル!
世界でも5番目の高さ

「REDHORSE OSAKA WHEEL」は、日本一の高さとなる全高123メートルの大観覧車。これまで日本一の高さを誇っていた、葛西臨海公園の「ダイヤと花の大観覧車」を6メートル更新することとなり、世界でも5番目となる予定。抜群の眺望を楽しむことができるでしょう。

ゴンドラはすべてシースルー

注目ポイントは「高さ」だけではありません。ゴンドラは全基、座席シート以外の床面が透明ガラスのシースルー構造。まるで空中に浮かんだような雰囲気は、楽しくもあり恐怖でもある…!?

さらに、2基の
「VIPゴンドラ」も!

全72基のうち、「VIPゴンドラ」が2基限定で用意されているそう。通常のゴンドラの定員は6名ですが、VIPゴンドラは4名。よりコンパクトな空間で相手との距離が近づくだけでなく、座席シートや照明等の内装も豪華になっているのだとか。

これは、夜のデートにもってこいですね!

Licensed material used with permission by REDHORSE OSAKA WHEEL

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP