ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余剰食料を必要な人たちに届けるオンラインプラットフォームの欧米での広がり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

余剰食料を必要な人たちに届けるオンラインプラットフォームの欧米での広がり

米サンフランシスコの「Feeding Forward」、ニューヨーク大学(NYU)の卒業生が創設した「Transfernation」など、近年、まだ安全に食べられる余剰食料を必要とする人々に届け、食料廃棄物の削減と生活困窮者へのサポートの“一石二鳥”を実現するオンラインプラットフォームが増えてきた。

・アイルランドで188万食の余剰食料を寄付

アイルランドで展開する「FoodCloud(フードクラウド)」は、スーパーマーケットや飲食店など、余剰食料を譲りたい事業者と、生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーをつなぐプラットフォーム。

事業者が、余剰食料の種類・量・譲り渡しの希望日時などを登録すると、「FoodCloud」が近隣のコミュニティで最適なチャリティーを自動的に選定し、譲り渡し先に、その旨を通知する仕組みだ。

「FoodCloud」は、英国の大手チェーンストアTesco(テスコ)とも提携。2013年の創設以来、188万食以上を寄付し、二酸化炭素の排出削減効果は、2,738トンにのぼっている。

・余剰食料とチャリティをつなぐプラットフォームの広がり

「FoodCloud」と同様のプラットフォームとしては、英国の「Fareshare」、ドイツで2013年に創設された「FoodLoop」、米メリーランド州の「Food Cowboy」など、欧米各地で展開。

テクノロジーを駆使し、余剰食料の“譲りたい”と“譲ってほしい”を、タイムラグなく、効率的にマッチングさせ、貴重な食料を有効に活用する取り組みは、ますます広がっていきそうだ。

FoodCloud

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP