ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『デッドプール』の続編の製作が、主演ライアン・レイノルズ、監督ティム・ミラーで決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お喋りな傭兵が帰ってくる。

映画『デッドプール』の続編の製作が進行中だ。主演のライアン・レイノルズとティム・ミラー監督が再びタッグを組む。4月14日(現地時間)、米20世紀FOXの共同会長ステイシー・スナイダーがシネマコンの中で発表した。

大ヒットを記録した前作の製作チームが再集結し、レット・リースとポール・ワーニックが引き続き脚本を手掛けていると、同社は説明した。映画『デッドプール』が数々の記録を塗り替えるとともに、続編の製作は当然の成り行きだと思われた。本作は全世界で7億5730万ドルの興行収入を記録し、R指定映画としては歴代最高の興行成績を打ち立てた。さらに、本作によって、レイノルズのキャリアは復活を遂げた。レイノルズは、映画『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』、映画『グリーン・ランタン』のような期待外れの興行成績を受け、人気に陰りが見えていた。

シネマコンは毎年開催される映画作品の見本市で、今週ラスベガスで開催されている。20世紀FOXはさらに、近日公開される映画『アイス・エイジ』シリーズ続編、映画『X-MEN:アポカリプス』、映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の最新の映像を紹介した。

ミラー監督にとって、『デッドプール』は長編映画のデビュー作となる。彼は、アニメーターや映像特殊効果の専門家でもある。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP