ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早実・清宮幸太郎 松井秀喜と比較されても良いレベルとの評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春のセンバツが閉幕しても、高校野球がメディアを騒がせている。東京都春季大会(4月1日開幕)で早稲田実業の清宮幸太郎(16)が快音を響かせたからだ。怪童は昨夏からどれぐらい成長したのか──。

 全国の地区予選を詳報するなど、どこよりも高校野球情報を網羅するインターネットサイト『高校野球ドットコム』の副編集長で、「高校野球博士」の異名を取る河嶋宗一氏が、清宮の「現在点」をレポートする。

 * * *
 冬の間、清宮はじっくりと体を作った。本人は「筋肉が付き過ぎて体が重くならないように気をつけた」というが、それでも、スクワットやベンチプレスなど筋力トレーニングで自らを徹底的に追い込み、体重は2kgほど増えたという。

 一段とパワーを付けて迎えた2年目の春。打順は3番から4番になり、背番号も3番から8番に変わった。もっとも周囲を驚かせたのが、守備位置の変更。昨年まで守っていた一塁からセンターにコンバートされたのだ。この理由を和泉実監督が解説する。

「他に伸びている一塁手が2人いるんです。彼らを試合に出すというチーム事情と、清宮の他のポジションでの適性を見たいという思いでコンバートしました」

 プロでも大型スラッガーの外野手は少なくない。筒香嘉智(DeNA)は三塁手から外野手にコンバートされ、T-岡田(オリックス)は一塁手と外野手を両方こなしている。

 いずれも清宮と体格も似た左打ちのスラッガーだが、私は長打力のある外野手として、清宮は巨人やニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏と比較されても良いレベルにあると思う。

 松井氏の打球はライナー性だが、清宮の打球は放物線を描く。これはボールの芯の少し下を叩き、バックスピンをかけることで飛距離を伸ばす打ち方だ。後者の方が、合理的により遠くに飛ばすことができると言われている。

 春季大会初戦となった都立町田戦。清宮は5回裏に特大ホームランを放ち、6回コールド勝ちに貢献した。しかし、私が度肝を抜かれたのは、その直前の一打。一塁側場外へと消えていった特大ファウルだった。

 ボールが見つかったのは、試合が行なわれた神宮第二球場に隣接する神宮球場の外野席。「ここまで飛ばす高校生は初めて見た」とベテラン高野連関係者も唸るほどの飛距離だった。試合後、清宮は、「軽く振っても飛ぶんです」と言い放った。

 清宮は入学当初、「高校通算80本塁打以上は打ちたい」と豪語していた。4月6日現在の本塁打数は36本。松井氏の高校通算本塁打数60本を抜くことは間違いないだろう。

 それどころか中田翔(大阪桐蔭から日ハム)の87本、歴代一位といわれる山本大貴(神港学園からJR西日本)の107本の記録を塗り替えることも可能なのではないか。

●かわしま・そういち/「高校野球ドットコム」副編集長。年間300試合以上の高校野球を観戦し、確かな目で選手を分析する。球児から「高校野球博士」や「スカウト部長」とも呼ばれている。高校野球にまつわるあらゆる情報を集約している高校野球ドットコムにて、強豪校の練習や注目の球児についてコラムを執筆中。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
早実・清宮の現在 「何でも振らなくなった」と高校野球博士
早実・清宮幸太郎 「ベーブ・ルース」の再来と米国でも称賛
早実・清宮 冬の練習乗り越えスイングスピードが一段と速く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。