ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体に発疹出現する乾癬 伝染性ないが「うつる」と誤解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 乾癬(かんせん)は、皮膚の表皮の新陳代謝が通常より10倍以上も早くなり、表皮が増殖し、体のあちこちに表面が白くカサカサした赤い発疹(広がった局面)が出現する病気だ。伝染性はないが「うつる」のではと誤解されやすく、生活の質が低下する。

 様々な病型があるが尋常性乾癬が約90%を占める。白人に多い病気だったが食生活の洋風化にともない、日本人にも増え、患者は約10万人と推測されている。20代から発症が増え、40~50代が発症のピークだ。帝京大学医学部附属病院皮膚科の多田弥生准教授の話。

「乾癬は、その症状から皮膚の病気と思われていますが、実は脳心臓血管疾患、メタボリックシンドローム(高血圧、高脂血症、糖尿病)、高尿酸血症、関節炎、ぶどう膜炎など多くの併存疾患を併発します。患者さんの調査では、肥満やメタボの方が多く、脳心血管イベントのリスクが上がることがわかっています」

 乾癬が起こる原因は不明だが、ある種の遺伝的要素を持つ人に外部要因が加わって免疫異常が起こり、炎症を生じることで発症することがわかってきた。炎症を起こす物質の一つがTNF-αと呼ばれる生体内物質で、乾癬の病巣部に大量に存在し、炎症を起こすことが確認されている。

 この炎症が乾癬とメタボリックシンドロームなどの併存疾患に関係している。肥満になると脂肪細胞から炎症物質が分泌される。これで皮膚の炎症が起こり、乾癬が進む。この乾癬の炎症、物質が今度は全身の炎症を増悪させる。この全身的炎症がメタボリックシンドロームの本態とされるインスリン抵抗性(糖尿病)を助長する。

 これがひどくなると血管内皮機能障害が起こり、アテローム性動脈硬化症になって心筋梗塞を誘発する。炎症の連鎖によって「乾癬マーチ」という悪循環が起こってしまうのだ。

 また、インスリン抵抗性になると血中の中性脂肪や尿酸値が上がりやすくなり、高脂血症や痛風のリスクも高まる。さらに重症の乾癬では、非アルコール性脂肪肝を併発し、肝炎、肝硬変のリスクが高まるという研究結果もある。

「乾癬の治療は、塗り薬、飲み薬、光線療法などを組み合わせて行ないます。近年は炎症物質TNF-αやIL-12/23、IL-17の働きを阻害する生物学的製剤が保険承認され、効果を上げています。

 しかし、若年発症し、20代で関節炎などの併存疾患を併発した症例では、40代を過ぎて生物学的製剤を投与しても、十分な効果が得られないことがあります。特に重症例では、早期の投与がポイントとなります」(多田准教授)

 肥満は、脂肪細胞が炎症を起こしている状態といわれ、減量だけで乾癬の症状が軽減した例もあり、肥満の乾癬患者はダイエットも重要な治療の一つだ。

 乾癬の皮膚症状のみならず、全身的併存疾患の早期発見と治療のためにも、他の診療科との連携が必須である。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
乾燥した角質がはがれ落ちる乾癬 重症だと関節痛が伴うものも
40~50代メタボ男性に難治性の皮膚病「尋常性乾癬」が多い
顔面マヒが出現したら発症2日以内に抗ウイルス薬を飲むべし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。