ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛菜&ケイト主演ドラマ なぜ野島伸司氏に脚本依頼したのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの日曜夜9時に、3年ぶりにドラマ枠が戻ってきた。第1弾は、芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスによるW主演のホームコメディ『OUR HOUSE』。脚本は『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』などで知られる野島伸司氏で、力の入れようがうかがえる。それもそのはず、裏には『半沢直樹』や『JIN-仁-』など、高視聴率を叩きだしている、TBSの日曜劇場が待ち構えている。なぜドラマ枠が復活したのか、今回のドラマの裏話などを、プロデューサーの太田大さんに聞いた。

――『Dinner』以来3年ぶりに復活したドラマ枠ですが、復活した理由は?

太田:時の編成など色々とありますが、いちプロデューサーの目線から申し上げると、日曜の夜に、ご家族揃って見ていただくのにふさわしい番組として、ドラマも適しているのではと思っています。

――野島伸司さんに脚本を依頼した経緯は?

太田:野島さんはエッジが立ったものを書かれるイメージが強いのかもしれませんが、弊社でいえば、大ヒットしたホームドラマ『ひとつ屋根の下』を書かれた方です。『ひとつ屋根の下』が持つ、明るさと熱さと絆と愛情。そういうものを今回も作りたいと、野島先生にお願いしました。

 野島さんは、「子供視点を見せたい」とおっしゃっていました。今回は、母親の死後ほどなくして、父親が再婚相手を連れて帰ってきます。その時、子供はどう思うんだろうという反応から、親子の絆を描いていったら面白いよね、と。

――今回は、どのあたりに野島さんらしいエッジが表れていますか?

太田:芦田愛菜さんが演じる桜子は、家を鬼軍曹のごとく取り仕切っている長女です。しっかり者なので学校の先生にも頼られて、とあるクラスメイトと話をします。そのクラスメイトと芦田さんが交わす会話が、哲学的というか文学的というか。

桜子が説得しているはずなのに、いつの間にか桜子が抱えている家庭の問題などをクラスメイトに話していくうちに、桜子が徐々に癒されていく、という展開になるんです。そういう緩急のつけ方、切り替えの仕方というのは、野島さんの技巧の高さだと思います。

――ホームコメディというと、同じ枠だった『マルモのおきて』を思い出します。

太田:『マルモのおきて』は、前のドラマチック・サンデー枠の時に、非常に成功したドラマですし、主演は芦田さんで同じです。受け継げる部分は受け継ぎますが、それは内容というより、癒しの部分だと思います。

『OUR HOUSE』に出演する寺田心くんや松田芹香ちゃんというかわいらしい子供たちは、見ているだけで笑顔になれると思いますし、サザエさん的に広がった家族の中で、離れていても家族がいる、友達がいる、誰かがいると思える。それが癒しになればいいかなと思います。

――主演の2人を起用したポイントは?

太田:芦田さんについては、『マルモのおきて』『ビューティフルレイン』の幼いイメージもあるかと思いますが、あと1年で中学生という芦田さんの新しい面を引き出したい。そして純粋に、芝居の素晴らしい中学1年生役は誰だろうというところで、芦田さんに決まりました。

 シャーロットさんの場合は、日本語が話せないところから『マッサン』(NHK)で初めて来日して、お仕事されるバイタリティーに惹かれました。今回演じていただくアリスという役は、シャーロットさんご自身みたいに、突然日本に来る。重なる部分があって、頼むに至りました。

 シャーロットさんは面白い方で、現場を和ませるためなのか、間違えると体育会系っぽく「すいませーん!」って言ったりするんです(笑い)。子供たちを和ませるのに一肌脱いでくださっています。

――注目のシーンは?

太田:1話で芦田さんとシャーロットさんが大喧嘩をするシーン。桜子の父親・奏太役の山本耕史さんを挟んで、アメリカ人の女性とセーラー服を着た少女が言い合っている違和感を、楽しんでもらえると思います。

 話を重ねるごとに、桜子とアリスの距離が近づいたり離れたりします。最終的に、母と娘というよりも、バディーのようになっていけばいいなと思っています。

――このドラマへのお思いを教えてください。

太田: 戦略的に言ったら、いわゆる随伴視聴といわれるものなんですけど、お子さんが見ていると、お母さんやおばあちゃんが一緒に見たり、一家で見てくれることもある。そういった意味で、お子さんに見てほしいと思って作っています。

 もうひとつは、将来を担うお子さんたちに、テレビドラマが生活の一部にある状況を作っていくことが、テレビ業界として重要だと考えています。そういった思いでドラマを作っていますし、今回の作品はそのようにしたいと思います。

◇『OUR HOUSE』
フジテレビ系列で、4月17日スタート。毎週日曜、午後9時~9時54分まで放送(初回15分拡大)。東京・世田谷に、父ひとり子供4人で暮らす伴一家がある。半年前に他界した母親に代わり、中学1年生の長女・桜子(芦田愛菜)が家事を切り盛りしてきた。そんなある日、父・奏太(山本耕史)が新しい妻・アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)を連れて帰国する。新しい母親を認められない桜子は、アリスを追い出すために奮闘する、ハートフルホームコメディー。野島伸司氏によるオリジナル脚本。

【関連記事】
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚
野島伸司氏 佐々木希似の23才年下女性とできちゃった婚
野島版『アルジャーノンに花束を』 原作にないエピソードも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP