ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もうすぐ結婚します。普通の会社員だった私が、ドイツ人の青年と恋に落ちるまで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

こんにちは、ドイツ在住のはるぼぼです。

突然ですが、あなたは旅先での恋に憧れたことはありませんか?「旅先でステキな出会いがあったりして…」なんて一度は考えたことがある人も少なくないはず。

かくいう私は旅先でドイツ人の青年と恋に落ち、婚約して現在はドイツで暮らしています。

周囲からは「映画みたい」と言われるのですが、私たちのストーリーは決して特別なものではなく、実際には誰にでも起こりうることです。

私は特に国際恋愛がしたいと思っていたわけでもない、普通の会社員でした。明日あなたにも起こるかもしれないストーリーをお話します。

 

運命の出会い

IMG_3856

Photo by Harubobo

私たちの出会いは2014年8月のこと。場所は長野の善光寺近くのゲストハウスでした。

私たちが出会ったのは海外ではなく日本で、同じ宿に泊まっていたことがきっかけだったのです。

 

ドイツ人の婚約者「ダーリン」と出会った瞬間のことは、あれから一年半以上が経った今でもはっきりと覚えています。

東京からバスで長野に到着し、ゲストハウス「1166パックパッカーズ」のドアを開けようとしたとき、中に外国人がいるのが見えました。

1166

photo by 1166 バックパッカーズ

ドアを開けた瞬間、その外国人青年が満面の笑みで「こんにちは!」と言うのです。

間髪入れずに挨拶されたこと、挨拶が予期せぬ日本語だったこと、そして彼が王子様オーラを放っていたことに二重三重に驚いた私は、なんとか「こんにちは」と返しました。

 

「なんかめっちゃかっこいい人がおるー!(私は和歌山出身なので心の声は関西弁です)」これが私たちの出会いです。

 

恋に落ちるなんて思わなかった

love-1075476_1280

photo by pixabay

とはいえ、当時の私にとって外国人との恋愛なんて現実的に考えられなかったし、ましてや王子様のような人が私のことを好きになるなんてこれぽっちも思いませんでした。

出会った当初は、彼はあくまでも「別世界の人」だったのです。

 

しかも、ダーリンは当時ギムナジウム(日本でいう高校)を卒業して間もない19歳。一年の予定で、ワーキングホリデーで日本に来ていました。

一方の私は、東京で働く27歳の会社員。年齢も国籍もまったく違う私たちが恋に落ちるなんて誰が予想できたでしょうか。

 

魔法の一日のはじまり

善光寺

Photo by photo-ac

その翌日のこと。ゲストハウスのスタッフからすすめられ、ダーリンと一緒に善光寺の朝のお勤めに行くことになりました。

私は、「外国人と一緒に日本を観光するのも楽しそう」くらいの感覚で、彼を恋愛対象として意識する気持ちはまったくありませんでした。

松本城

Photo by photo-ac

その後、もともと私が行くつもりにしていた松本城にも一緒に行くことに。初めて見る日本のお城にダーリンは大感激。

日本の風景や文化に目を輝かせるダーリンと過ごす時間は、今までにない新鮮な体験でした。

 

松本を観光した後、さらに安曇野にも足をのばしました。

安曇野に向かう電車の中、二人の間にあまり会話はありませんでしたが、お互いがその時間を心地いいと感じていることはわかりました。

振り返ってみれば、出会った瞬間からじわじわと心惹かれていたのだと思います。

 

そして、恋に落ちた

サイクリング

Photo by photo-ac

安曇野では自転車を借りてサイクリング。

レンタサイクルショップのお兄さんに「ご夫婦」と言われたとき、「本当に夫婦になってもおかしくないなぁ」という思いが胸をよぎりました。

 

もうすぐそれが現実になるのですから、直感とはスゴイものですね。

安曇野を観光中、ダーリンが「君と出会って、日本がホームのように感じられるようになった気がする」と言ってくれました。

控えめでちょっと人見知りなところもあるダーリンですが、私には急速に心を許してくれていました。

 

田園風景の中を走っているだけで、気持ちよくて、楽しくて…

前を走るダーリンがときどき後ろを振り返って私の様子を確認します。そうすると、ずっと年下のはずのダーリンがなんだか男らしくみえてくるのです。

 

恋愛が、理屈で止められないとわかったとき

cloud-600224_1280

photo by pixabay

私は思っていました。

「この人のこと好きになったらまずいな…でも、もう遅いかも。」

 

「19歳のドイツ人を好きになっても、この先苦労しそう」と思っていて、ダーリンのことを好きになるのが恐いという気持ちがあったのです。

でも、人が恋に「落ちる」とき、それは理屈では止めることができないもの。安曇野を後にするころにはお互い相手に惹かれる気持ちを自覚し始めていたと思います。

 

再び松本に戻って夕食を共にした後、「また東京で会おう」と約束して松本駅で別れました。

その時にはもう、お互いが特別な存在になっていて、再び会わずにはいられないことがわかっていました。

 

約束通りその2日後に東京で再会し、相性ぴったりだった私たちは急速に関係を深めていきました。

ダーリンの大学進学のタイミングで私もドイツに移住し、今に至っています。

 

あの一泊が人生を変えた

IMG_2632

Photo by Harubobo

一人でふらっと長野に行ってゲストハウスに泊まったあの一泊が、私たちの人生を変えました。

突然決めた長野行き。

しかも当初は伊豆に行こうと考えていたものの泊まろうとした宿が満室で断念、そして長野のゲストハウスも満室で宿泊日をずらしたという経緯がありました。

 

あの日、あのゲストハウスに泊まらなかったら、宿泊日が一日でもずれていたら、私たちは出会うことはなかったのです。

それを思うと、もともとリアリストで「運命」というものに懐疑的だった私ですら、これを「運命」と言わずして何と呼んでいいかわかりません。

私たちにとって一生忘れられないかけがえのない一日、運命の出会いに心から感謝しています。

 

おわりに

IMG_2124

Photo by Harubobo

私たちのストーリー、いかがでしたか。

実際に自分が経験してみるまで、あっという間に恋に落ちるなんてことが本当にあるなんて思いもしませんでした。

ダーリンと出会って初めて、「恋に落ちる」という言葉の意味が腑に落ちた気がします。

出会いは時にまったく予期しない形でやってきます。あなたも明日、どこかで恋に「落ちる」かもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

ワガママな女一人旅がしたいなら、ニュージーランドをおすすめする10の理由
【ここは海外?いいえ、日本です】海外の都市をモチーフにした日本の旅先12選
男子は見ちゃだめ♡女子バックパッカーが、思わず「わかる〜!」と言ってしまう19のこと
旅先で出会ったら、間違いなく恋に落ちます♡世界のタイプ別イケメンまとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。