ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「謎の一言」から生まれた本屋大賞『羊と鋼の森』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE金曜夕方の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUTES」。4月15日のオンエアでは「2016年 本屋大賞」を受賞した『羊と鋼の森』(宮下奈都•著)の担当編集者、文藝春秋の篠原一朗さんに話を伺いました。

「2016年 本屋大賞」は今月12日に発表されたばかり。『羊と鋼の森』は昨年9月に初版6,500部で発売され、小説としては少ない方ではないのですが、「本屋大賞」にノミネートされたことで10万部になり、「本屋大賞」を受賞したことがきっかけで50万部を超えました。

渡部:まずは、あらすじの紹介をお願いします。

篠原:ピアノの調律に魅せられた一人の青年が、調律師としてさまざまな同僚やお客さんとの出会いを通して、人として成長する姿を描いた長編小説です。

渡部:ピアノの調律師を主人公に選ばれた理由は何だったのでしょう?

篠原:宮下先生ご自身が音楽・ピアノが好きで、毎年来ていた調律師の人が「宮下家のピアノには良い羊がいる」とおっしゃったらしいんです。で、「羊って何だろう?」と思ったら、ピアノについているハンマーがフェルトで作られていて、それのことだったそうなんです。それを聞いた宮下さんが「面白い」と思ったらしく、ピアノの内部に森が広がっている感覚になったらしくて。鋼は弦のフェルトで叩く部分のことなんですけど、その森の中を歩く人になりたいと思われたそうです。

渡部:すごいインスピレーションですね! 『羊と鋼の森』というタイトルがとても印象的ですが、最初から決まってたんでしょうか?

篠原:タイトルありきで始まりました。最初は「このタイトルは何?」と思ったんですけど、漢字が3文字あって字面としても非常に良いと思いました。

渡部:そもそも、作品が支持されている理由はどこにあると思いますか?

篠原:作品が素晴らしいのはもちろんなんですが、先生の人柄も素晴らしくて、書店員さんの皆さんに人気なんです。「本屋大賞」の授賞式の会場では、宮下先生が受賞されて、泣いている方もたくさんいたくらいです。先生は実直でコツコツと真面目に小説を書かれていて、それでいて可愛らしくて華もあるタイプです。

さらに篠原さんは「フレッシャーズや、真面目に働いている方々にも読んでもらえれば」とのことでした。ちなみに、大賞に決まったとの知らせを聞いて、宮下先生は「とにかくこの物語を書き上げられたことが嬉しかった」とのこと。まさに、先生の実直さが現れている感想で、ますますファンが増えそうです。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP