ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春の不調は気温差のせい? その原因は自律神経にあった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒さから解放され、花や緑が鮮やかで、爽やかな季節でもある春。その一方で「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」などの不調を訴える人が多い季節なのだそうです。その不調の原因は何なのでしょうか?

環境の変化だけではなかった

春は進学や就職、異動など、環境が変わりやすい季節でもあります。新しい環境になることは、希望に満ち溢れ、前向きな気持ちになる人も多い反面、緊張感や不安感で心身のバランスを崩してしまうことも多いのです。春に不調を訴える人には「真面目で一生懸命」「心配性でネガティブ思考」「周りのことを気にし過ぎてしまう」タイプの人が多いそうです。しかし、環境の変化による不調だけでなく、実は気温の変化も心身の不調を招く原因であることがわかっています。

誰にでも起こる自律神経失調症

自律神経失調症とは、その名の通り自律神経のバランスが崩れて心身の不調が起こる病気。自律神経は人間が意識しなくても生命を維持するために動いている臓器や血流、体温調節、ホルモン分泌などを司っている人体の根幹の機能です。このバランスが崩れてしまうと「理由がわからないのに体調不良が起こる」状態になってしまいます。自律神経失調症が起こる原因として、ストレスや生活習慣の乱れのほかに温度調節がうまくいかないことがあげられます。

自律神経失調症を防ぐ方法

春は気温の変化も大きく、移動手段によってはまだ寒い外気にさらされた後に汗をかくようなこともありますよね。体温調節は自律神経が行っている機能のひとつですが、温度差が激しくなるとその調整が間に合わなくなったり、調整自体が衰えたりします。その結果、自律神経の機能自体が乱れて不調が起こるのです。自律神経を整えるには「適度な睡眠」「日光を浴びる」「リラックスの時間を増やす」「お風呂や運動で汗をかく」などがあります。いつもよりもストレスを溜めないことやリラックスすることに重点をおいて生活するのが良いかもしれませんね。

春と秋は一年を通して、緊張した時に優位になる交感神経とリラックスした時に優位になる副交感神経が逆転する時期でもあるため、心身の不調が起こりやすいそう。自分のリラックス法を見つけて元気な春と過ごしたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP