体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写版映画『攻殻機動隊』に出演するスカーレット・ヨハンソンのファースト・ルックが公開

scarlett-johansson

スカーレット・ヨハンソンは、実写映画『Ghost in the Shell(原題)』でサイボーグとしての任務を果たす準備が整ったようだ。4月14日(現地時間)、米パラマウント・ピクチャーズとドリームワークスは、同作に登場するヨハンソンの画像を初公開した。

scarlett-johansson-ghost-in-the-shell

画像には、原作『攻殻機動隊』のキャラクター草薙素子を演じるヨハンソンが、シャギーの入った前下りの黒髪ボブ姿で写っている。

『Ghost in the Shell(原題)』は、精鋭特別部隊である公安9課の秘密作戦ユニットのメンバーであり、“最も危険な犯罪や過激派組織を阻止すること” を専門とする “唯一の義体化したサイボーグ” の物語を追う。

同作は、製作の初期段階にあるものの、すでに一部からの批判を受けている。ヨハンソンのキャスティングは、ヒットした日本の原作の多くのファンを驚かせたようで、白人起用主義と呼ぶ者もいる。ウェブ上では、キャスティングに反対する嘆願書が出回っている。

しかしながら、ヨハンソンは今や正真正銘のアクションスターとなった。映画『LUCY/ルーシー』は、全世界で3億9400万ドルを記録した。

『Ghost in the Shell(原題)』は、映画『スノーホワイト/氷の王国』を監督したルパート・サンダーズが監督を務める。他には、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、マイケル・ウィンコット、ジョセフ・ナウファフ、北野武、クリストファー・オビが出演する。

同作は、2017年に公開を予定している。

ヨハンソンは、5月6日に米劇場公開となる映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出演する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy