ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で簡単!「チーズの羽根つき餃子」が、パリパリで美味しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。
羽根つき餃子と言えば片栗粉や小麦粉というイメージがあるかと思いますが、「チーズ」を使うことで簡単に憧れの羽根つき餃子ができるのです。

パリうまチーズ
羽根つき餃子の作り方

【材料(2人分)】
餃子
12個
ピザ用チーズ
30g

大さじ3

【作り方】
①フライパンにピザ用チーズを均等に広げ、餃子を並べる。
②水をかけて蓋をし、中火にかけ、蒸気があがってきたら弱めの中火で5分蒸す。
③蓋を外し、中火で水気を飛ばして裏面がこんがりきつね色になるまで焼く。

上手に作るための
「ポイント」は?

①ピザ用チーズは均等に広げる。
チーズは均等に広げると、キレイに焼けます。

②水をかける。
適度な水分があるとチーズが焦げにくいです。

③仕上げに水分をしっかり飛ばす。
水気が残るとパリっとした食感にならないため、水分はしっかり飛ばしましょう。

チーズのパリっと感がたまりません。羽根をチーズでつくることでコクやうま味もプラスされ、いつもの餃子がワンランク上の味わいに。休日のお酒のおつまみにもいいですよ。ぜひ試してみて!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

Q.餃子と一緒に何を食べる?
・白いご飯・炒飯・ビール!

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP