体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最大のインテリアの祭典「ミラノ・サローネ2016」現地レポート

世界最大のインテリアの祭典「ミラノ・サローネ2016」現地レポート

ミラノ・サローネとは、毎年4月にイタリアのミラノで開催される世界最大規模の国際家具見本市(Salone Internazionale del Mobile)を中心に、街中でインテリアデザインにまつわる展示が行われる祭典の通称。

インテリアデザインの最新トレンドが発信される[MILAN DESIGN WEEK 2016]は4月12日~17日(現地時間)、筆者も取材にミラノへ飛んだ。

開催55周年。新しい試みにもチャレンジ、進化するサローネ

開幕した国際家具見本市(Salone Internazionale del Mobile)のRho Fiera会場(冒頭の写真)に向かう。

ここへ来るたびにワクワクするのは、この流線型で躍動感のある会場建築のパワーな気がする。

(やっぱり、東京オリンピックも会場デザインは大事!)【画像1】イタリア人建築家マッシミリアーノ&ドリアナ・フクサスが2005年にデザインした会場、巨大なガラスのキャノピーに覆われている。こちらは南口ゲートで開場を待つ列(写真撮影/藤井繁子) 【画像1】イタリア人建築家マッシミリアーノ&ドリアナ・フクサスが2005年にデザインした会場、巨大なガラスのキャノピーに覆われている。こちらは南口ゲートで開場を待つ列(写真撮影/藤井繁子)【画像2】今年は55周年を記念したロゴも発表。ロレンツォ・マリーニによるデザイン(写真提供/藤井繁子)

【画像2】今年は55周年を記念したロゴも発表。ロレンツォ・マリーニによるデザイン(写真提供/藤井繁子)

20万m2の展示スペースに、2310社が展示(約30%がイタリア以外の国)。今年は2年に1回のキッチン・バス国際見本市(EuroCucina、キッチン120社+キッチン設備機器40社+バス洗面200社)の開催年、デザイナーの登竜門でもあるSaloneSatelliteには650人の選ばれし若手デザイナーが展示参加した。【画像3】見本市会場配置図、赤・青が家具、黄がキッチン&設備、緑がバス洗面、グレーが若手デザイナーのパビリオン。3番パビリオンが、新設された高級ブランドカテゴリー「xLux」(写真撮影/藤井繁子)

【画像3】見本市会場配置図、赤・青が家具、黄がキッチン&設備、緑がバス洗面、グレーが若手デザイナーのパビリオン。3番パビリオンが、新設された高級ブランドカテゴリー「xLux」(写真撮影/藤井繁子)

今年、家具の展示会場構成が変わった。「Classic」 と 「Design」の2カテゴリーに展示を分類。加えて新たに、「xLux(エクストラ・ラグジャリー)」というセクションができた。

ハイエンドがターゲットとなる高級ブランドのインテリアを新しい「xLux」セクションに集めた。有名ファッションブランドFendi、Ferre、UngaroやVersace、高級車Aston MartinやLamborghiniなどのインテリアが展示されている。

スタルクやnendo…有名デザイナーたちが新作と共にやってくる!

会期中、イタリアだけでなく世界の有名デザイナーたちが、家具ブランド各社のブースにやってくる。行き交う広い会場で、発表会だけでなく偶然にデザイナーたちと会えるのも楽しみの一つ。

早速、今や日本を代表する人気デザイナー「nendo」の佐藤オオキ氏にKartell社で遭遇。【画像4】Kartell社ブースにて。今年は「50 MANGA CHAIRS.」と題した個展も街中で開催(写真撮影/藤井繁子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。