ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【海外の調味料】料理を格上げできる、絶対オススメ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美味しいものを食べると、幸せな気持ちになりますね。いつもとはちょっと違った、新しいものに挑戦してみませんか? 筆者がハマっている、絶対オススメの海外の調味料をご紹介しましょう。いつもの料理がグンと格上げされること間違いなし。日本人の口にも合いますよ。

1.Chief Green Seasoning シェフ グリーン・シーズニング

筆者イチオシ。カリブの国トリニダード・トバゴの調味料。野菜がベースで軽く、爽やかな酸味とニンニク味が効いています。現在ハマっている、消費率が高いもの。カリブの風に吹かれるような爽やかさ。


(C) facebook/Chief Brand Products

長ネギ、玉ねぎ、タイム、パセリ、にんにくなど野菜中心なのに、コクがあります。


(C) facebook/Chief Brand Products

日本で購入できない場合は、こちらに作り方があります。材料をフードプロセッサーにかけるだけ。手作りしたら、さらに美味しいかもしれませんね。

こんな料理にあいます

サラダ、魚介類、チキン、アボカドなど、なんでも合います。ドレッシングとして使うと、爽やかな辛さに食が進みます。スチームした野菜のディップなどにも向いています。カレーのベースとして使っても良いようですよ。

[Chief Brand]

2.Louisiana Gold Green Sauce ルイジアナ ゴールドグリーンソース 

タバスコの原産地、アメリカ ルイジアナ州発の香辛料。ハラペーニョ、タバスコ、酢、塩が原料で、サッパリした辛さです。


(C) facebook/Louisiana Gold

こんな料理にあいます

タバスコ代わりに利用。ピッツア、パスタ、ハンバーガー、鶏肉など。辛いもの好きの人は、手放せなくなりますよ。

[Louisiana Hot Sauce]

3.Sambal Bakso サンバル

 
インドネシアの香辛料。旨味のある辛さにはまります。インドネシアの友人に頂いてから、ハマりました。カーッと口中が辛くなりますが、味わいがあり、後口がスッキリ。クセになる辛ウマです。


(C) facebook/SAMBAL MEGAH SARI

こんな料理にあいます

チャーハン(ナシゴレン)や焼きそば(ミーゴレン)に、ひと味プラス。味がグンと格上げされます。ラーメンなど汁気のある麺類にも合います。辛いもの好きの方に、常備をオススメしたいですね。

[PT. SPARINDO FOOD]

4. 鎮江香醋 黒酢

中国で黒酢の代表といえば、コレ。黄色のラベルが目印です。通販で購入可能。


(C) 楽天/華通商株式会社

こんな料理にあいます

中国の人は、水餃子を黒酢で食べます。さっぱりといくらでも頂けるんですよ。ニューヨークの水餃子屋さんには、この瓶がどーんとおいてありました。麻婆豆腐に入れると、ぐっと深い味になりますよ。

5. 香辣脆油辣椒 ラー油

中国のおばさんの顔が目印、中国の定番ラー油。何種類かあります。個人的には、ピーナッツを炒めたもの、唐辛子を刻んだものが入った具沢山のものが好きです。通販で購入可能。


(C) 楽天/有限会社ローカンマ日本

こんな料理にあいます

麻婆豆腐の調味料に。 鍋物の時ポン酢+ラー油で頂く、焼肉の時焼肉のタレ+ラー油で合わせても美味しいですよ。もちろん餃子の時にも。

いずれも、それぞれの国でのロングセラーの調味料。ぜひ、試してみてくださいね。オススメです。

[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP