ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代日本の“七つの大罪”とは? TRIGGERアニメ『キズナイーバー』放映開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本作が初監督作品となる『キルラキル』『神撃のバハムート GENESIS』などに関わってきた小林寛の仕事ぶりにも注目が集まっている。 (C)TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

『キルラキル』を制作したTRIGGERのオリジナルTVアニメーション第2弾『キズナイーバー』の放送がスタートし、話題を呼んでいる。 4月9日(土)より放送中の本作は、「キズナ」で結ばれた少年たちを描いた作品。そのタイトルと、脚本を手がけているのが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』など“泣けるアニメ”に関わってきたことで知られる売れっ子脚本家・岡田麿里であることから、「ストレートな青春ものになるのでは?」との噂も飛び交っていたが、第1話を見る限り、一癖も二癖もあるSF青春群像劇に仕上がったようだ。

そのストーリーは、“他者との協調性が何より重んじられる現代の日本”における7つの大罪「狡猾リア、上から選民、独善ウザ、不思議メンヘラ、愚鈍、脳筋DQN、インモラル」を背負った超個性的なキャラクターたちが、お互いの痛みを分け合う「キズナシステム」に巻き込まれていくというもの。

「キズナシステム」の詳細は今だ謎に満ちているが、その目的は他者の痛みや苦しみを実際に共有することで、争いが溢れる世の中を平和に導くヒントを見つけることにあり、舞台となっている埋立地に作られた街・洲籠市は、その実験場であるという。 本来なら仲良くなることのない別々のグループに属していた主人公たちは、お互いの痛みを分け合うことで、どう変化していくのか。岡田麿里ならではのエモーショナルな展開が期待されるところだが、“他者の痛みや苦しみを理解することの大切さ”という現代社会における重要な命題をどのように描いていくかにも注目していきたいところだ。

放送スケジュールは下記の通り。 TOKYO MX:毎週土曜23:30~ABC朝日放送:毎週土曜26:15~ テレビ愛知:毎週火曜26:05~ BS11:毎週土曜23:30~ 群馬テレビ:毎週土曜23:30~ とちぎテレビ:毎週土曜23:30~ ほか各配信サイトでも視聴可能。詳細は公式サイト「ON AIR」をご確認ください。

▼リンク
TVアニッメ『キズナイーバー』公式サイト
http://kiznaiver.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP