体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的遷移(9月)。Gngerbreadのシェアは38%、Froyoに接近

デジタル・IT

 Googleが10月3日までの14日における、世界中で利用されているAndroid端末のOSバージョン別シェアとその時間的遷移のグラフがAndroid Developersで公開されています。全体的な傾向としては、Gingebreadのシェアが増加、それ以前のバージョンのシェアは減少といった状況。前回までFroyoのシェアは全体の半数を超えていましたが、Gingerbreadのシェアの増加が影響したのか、45%と半数を切っています。Gignebreadのシェアは順調?に増加しており、現在は38.7%とFroyo(45%)に近づいてきています。それぞれのシェアの変化から次回あたりにトップが逆転すると予想されます。Eclairのシェアは今回も減少していますが、それでもまだ10%以上のシェアを持っています。

   

Source : Android Developers    


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、LYNX 3D SH-03C向けのソフトウェアアップデート(v02.01.00)を開始
Apple、「iPhone 4S」を正式発表、国内では10月14日にソフトバンクとKDDI(au)から発売
米T-Mobile、10月~11月に10機種のAndroid端末を発売予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会