ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホは1人遊びで完結 社会性の発達には向いていない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月23日は国際的に「本の日」といわれているのをご存知だろうか? 日本でもこの日は、「子ども読書の日」とされている。しかし、日本の読書率は年々低下し、全国大学生活協働組合連合会が2月に発表した調査では、「本をまったく読まない」と答えた大学生の割合が45%を超えた。

 その一方、「ネット時代に紙の本なんて時代遅れだ」という声もあるかもしれない。たしかにスマホを使えばありとあらゆる情報を入手できるし、わざわざ本を置く場所を取らなくても、ネットなどで購入したデジタル書籍は端末にデータを保存できる。

 だが、東京都在住の主婦・A子さん(53才)は不満顔だ。

「ウチの娘はわからない単語をすぐネットで検索します。私は小さいとき、わからない言葉や表現があったら、必ず母に聞いていました。そこで母とやりとりをして物事を覚えたんです。それが無駄といえばそうなんでしょうけど、そこであ~でもない、こ~でもないと言いながら、辞書を持って来て一緒にページをめくったものです。娘を見ていると、ちょっと寂しい気持ちになります」

 デジタルで便利になった分、「子供の言葉によるコミュニケーション能力が貧困になった」と指摘するのは、絵本作家で公益財団法人文字・活字文化推進機構理事長の肥田美代子さんだ。

「最近は家の中でもスマホで会話する、と聞いてびっくりしました。活字とデジタルは共存できますが、あまりデジタルに偏るのはどうか。紙の絵本を大人が1枚1枚めくりながら、子供と一緒に読んでいく時間はとても大事です」

 LINEやツイッターなどSNSの「短すぎる文章」に警鐘を鳴らすのは精神科医の和田秀樹さんだ。

「若い世代がSNSで短い文章に慣れてしまい、長い文章を読む経験をしていないのは怖いことです。ぼくの短めのブログさえ、高校生や大学生は『長くて読めない』と文句を言います。短文SNSの一行情報だけで納得していると読解力が育たず、物事の全体像や裏側にある複雑な事情を把握できなくなるおそれがある。幼い頃から長い文章を読む習慣は大切です」

 ネットでの情報収集が当たり前になった現在、本棚のない家も増えているという。家族の本棚を見て、理由もなくふと本を手に取り、自分の知らない世界に足を踏み入れる。

 あぁ、父は頑固で厳しいけど、人情家なんだ。専業主婦の母はいつも脳天気でお調子者だけど、意外に女の生き方に熱い思いを持っていたのか…そんなことを考えながら、読書にふける経験は失われつつあるようだ。『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』(文響社)著者で、東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授はハイテク時代にこそ「アナログ」な経験が必要と指摘する。

「スマホは“1人遊び”で完結するため、コミュニケーションや社会性の発達に向いていません。デジタルはすべてバーチャルだけど、紙の本には厚さや重さといった“リアルな体験”がある。ゆえに読後に達成感があり、“これだけ読んだ”という自信にもつながるんです」

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
大前研一氏「デジタル家電戦場はスマホからテレビへ移る」
高機能デジカメ 機能開発費かさみ利益出すの難しいと販売店
第2子妊娠発表の木下優樹菜 健康的な美脚を大胆に披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP