ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ『とと姉ちゃん』 前作に続いて妾問題が勃発か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月4日から始まったNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は初回視聴率が22.6%と、期間平均視聴率23.5%を記録した前作『あさが来た』の初回(21.2%)を上回る好スタートを切った。

 高畑充希(24)演じるヒロイン・小橋常子のモデルは、戦後、天才編集者・花森安治とともに婦人誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子。今後はいったいどんなストーリーになるのか。NHK関係者への取材から、気になる今後の展開をどこよりも早く“先取り”。ここから先はネタバレになるので、知りたくない方はご注意を!

 第1週の終わりに、女性視聴者のハートを鷲掴みにしていた常子の父・竹蔵(西島秀俊)が病気で他界し、大黒柱を失った小橋家。しばらくは竹蔵が働いていた会社から援助を受けていたが、それも打ち切りに。そんな生活の困窮ぶりを知った大家が、常子の母・君子(木村多江)に提案してきたのが、「知り合いの妾」になることだった。

『あさが来た』でも、あさ(波瑠)になかなか子供ができないことから、夫(玉木宏)に妾を取らせようとする場面が登場し、物議を醸した。今回も「妾問題」が視聴者の心をざわつかせるのか──。

 妾話を阻止するためには「自分たちでお金を稼ぐしかない」と思った常子と次女の鞠子(相楽樹)は、放課後に職探しに奔走するも、門前払いされてしまう。

 そして君子が箪笥からよそ行きの着物を持って出かけたのを「妾になるために出かけた」と勘違い。慌てて家を飛び出し、君子に「かか、思い直して」と必死に訴える。それを聞いた君子の口から意外な言葉が飛び出し……。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
高畑充希 朝ドラロケ地・浜松で名物のウナギを何度も完食
『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?
新朝ドラヒロインの高畑充希 宇多田主題歌に大感激

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP