体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の作者にインタビュー

マンガ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の作者にインタビュー

2016年、恵比寿に首位を明け渡したとはいえ、長年、住みたい街人気NO.1に輝き続けてきた「吉祥寺」。その吉祥寺を舞台にしつつ、他の東京の街を紹介していく不動産&街マンガが『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(講談社)。東京のあまり知られていない街の魅力から、「シェアハウス」「リノベーション」など、最近の住まい事情まで紹介しています。取材したなかでも思い出深い街、吉祥寺への思い、住んでみたい物件まで、作者のマキヒロチさんにインタビューしてきました。

雑司が谷に錦糸町、最新刊では神楽坂。紹介する街はどう決まる?

マンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」の舞台は、吉祥寺の一角にある少し古めの不動産屋さん「重田不動産」。ちょいぽちゃの双子の主人公・都子と富子が、吉祥寺に住みたいと希望してきた客に対し、吉祥寺以外の街と物件を紹介するというストーリーです。今まで舞台となってきたのは、雑司が谷に錦糸町、駒沢大学、蔵前、秋葉原などと、ちょっとニッチな街ばかり。紹介する街はどのようにして決めているのでしょうか。

「庶民的な街、ニッチな街、ちょっとしゃらくさい街など、単行本になったときのバランスを考えつつ、いろいろな雰囲気の街を紹介したいと思っています。また、とりあげる街に関しては、東京の街に詳しい編集者の川田さんと相談しながら決めています」。とはいえ、どこの街でもよいワケではなく、「吉祥寺に住みたい」と思っている人を案内するわけで、独自の魅力がないとストーリーは展開できません。

驚くのが、街の良さを発見する視点です。

「初めて街を歩くときは、川田さん、『ヤングマガジン』の担当編集者2人、私の合計4人でぶらぶらしながら街を歩きます。自分だけの視点だと偏ってしまうので、他の人の視点ではどう見えているのか、どんな魅力があるのか、ひたすらメモしていますね」。初回は地図も持っていかず、写真も取らないそう。また、1回だけでなく、何度も何度も街に通い、ストーリーを練りあげていきます。

作品では毎回、その街ならではの印象的なシーンが、見開きで展開されます。キャラクターの頭越しに見える風景は、あたかもその場にいるような臨場感。「ああ、こんな街なら住んでみたいな」「新しい何かが始まるかも」というワクワク感は、読んでいるこちらにも伝わってくるようです。

「見開きのシーンは毎号欠かせないので、どの風景にするかも街歩きのときに編集者と相談したり、自分で印象に残ったシーンを選んで描いています。雑司が谷なら都電荒川線とか、やっぱり欠かせないですよね」とマキさん。【画像1】第一話に登場する都電荒川線の見開きシーン(画像提供:講談社 ヤングマガジン編集部) 【画像1】第一話に登場する都電荒川線の見開きシーン(画像提供:講談社 ヤングマガジン編集部)【画像2】主人公の双子はちょっとふとましい体型。ゆるーい雰囲気ながら仕事はきっちりする、ギャップが魅力。実は「あんまり美人で仕事がかっちりという人に街案内されたくない」という思いから産まれたキャラクターだそう(写真撮影:片山貴博)

【画像2】主人公の双子はちょっとふとましい体型。ゆるーい雰囲気ながら仕事はきっちりする、ギャップが魅力。実は「あんまり美人で仕事がかっちりという人に街案内されたくない」という思いから産まれたキャラクターだそう(写真撮影:片山貴博)

吉祥寺周辺で育ったマキさん。変わりゆく街、東京への思い

マキさん自身は、東京都・吉祥寺周辺で育ち、それゆえに街への思い入れは深いものがあるそう。特に、1巻目の冒頭、30年以上の歴史を持つ映画館「バウスシアター」が取り壊され、主人公たちが「吉祥寺も終わったな」とつぶやきますが、これはマキさん自身の実感がこもったセリフです。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。