体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[岡本安代さんインタビュー第3回]親がいなくなっても生きていける子に!そのために実践していること

f:id:akasuguedi:20160407002311j:plain

鹿児島県でフリーアナウンサーとして活躍する岡本安代さん。14歳から6歳まで、5人のお子さんを育てる大家族のお母さんでもあり、現役ママならではの視点を大切にして活動するアナウンサー“ママウンサー”としても注目を集めています。また、家族のことを綴ったブログも人気で、昨年、テレビ番組でも密着されて話題を呼びました。

そんな大家族・岡本家ならではの育児方針について。また、5人の子どもを育てる中でぶつかった壁について。ママウンサーとしての仕事と育児の両立について。余すところなく語っていただきました。

第3回は、岡本家ならではの育児のルールや、5人のお子さんへの熱い思いを伺います。 第1回:”ママウンサー”誕生秘話!妊娠・出産、そして仕事を続けたいという思い

第2回:怒涛の5人育児!独自のコミュニケーションで、パンクしそうな気持ち整理

毎日の「朝の会」と「夜の会」で自分の意見や1日の出来事を発表

岡本家には、家庭内の様々なルールや決めごとが存在します。中でも特徴的なのは、毎日必ず行われる「朝の会」と「夜の会」です。

「毎日朝7時と夜9時に行います。両親と5人の子どもたちがわけ隔てなく、自分の意見や今日あったことなどを発表して、みんながそれに耳を傾けるんです。親は子どもたちの考えていることを把握できるし、子ども同士の意見交換もできるので、いいことづくめ。私は、どんな時でも兄弟仲良く、助けあってほしいという思いが強くあるんです。そのために親に何ができるかを考えたら、このように話す場を作ることでした。子ども同士が、お互いの意見や喜怒哀楽を共有できるようになってほしいですね」

岡本家のスローガン「押忍!テンション高めに!腰は低めに!人には優しく!自分に厳しく!同じやるなら全力で!オイ!」をみんなで唱えたり、「岡本家のうた」を歌ったりと、まさにテンション高めな岡本家の朝の会&夜の会。朝の会、夜の会で改めて自分の意見を発表し、それを全員できちんと聞くことによって、雑談ではわからないようなお互いの考えが共有できる、とのこと。

その中で、「最近友達が変わったのかな」「この子、今こんな方向に行きそう」という日々の変化も察知することができると言う岡本さん。気になったことがあった場合には、長女に、「妹たち、最近どんな会話してる?」などと、探りを入れることもあるのだとか。

さらに、こんな時間も。

「夜の会の中では、ハッピー&サンクスといって、その日にあったいいことを共有するんです。最初の頃は『何かあったっけ?』と話すことが見つけられなかった子どもたちも、『今日は友達が消しゴムを貸してくれました』とか『帰ってきたら暖房がついていて、誰かが待っててくれるって嬉しいと思いました』など、本当にささやかなことでもいいので、日々のちょっとした幸せに気づけるようになってきたことを嬉しく思います」

f:id:akasuguedi:20160410224001p:plain

3歳で役割分担デビュー。家事をすることで身につく「生きる力」

また、岡本家ではそれぞれに掃除の役割分担があります。朝起きると、まずは自分の持ち場を掃除。できなければ朝ごはん抜き!という厳しいルールです。

「家は家族みんなが過ごす共有スペースだから、自分のことは後から、というのが岡本家の決まりなんです。我が家の役割分担デビューは3歳。3歳になると『おめでとう!今日からデビューだ!階段掃除とお風呂掃除どれがいい?』といくつか選択肢をあげて、本人に担当する場所を選んでもらいます。物は言いようで、3歳ながら、兄ちゃん姉ちゃんと同じ土俵に上がれたことを喜んでくれますね(笑)。そして、『わ〜気持ちよく階段の登り降りができる!ありがとう〜!!』とオーバーリアクションで褒めまくります(笑)」

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。