ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワインを1杯、2杯、3杯・・・ほろ酔いの友だちを激写!結果、こうなりました(24人)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。

内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」「1杯」「2杯」「3杯」とそれぞれの表情を撮影したもの。陽気になっちゃう人から、ほとんど表情が変わらない人まで、「自分だったらどうなるかな〜」と想像しながらご覧あれ。

3杯めのワインは
「騒乱」とともに!?

撮影をしたマルコスさんいわく、

「ワインについて、こういう言葉があるんだ。『1杯めは食事とともに。2杯めは愛とともに。3杯めは騒乱とともに』ってね。だから僕は、それを試してみたかったんだ。

仕事帰りで疲れているのか、来る時に渋滞に巻き込まれたのか、最初のカットはみんな表情がかたいけど、最後にはいろいろなストーリーが生まれたよ」























なかには、2杯めにテンションが上がって、3杯めにはもう目が座っちゃってる人もチラホラ(笑)。

あなたも、友だちと試してみませんか?

Licensed material used with permission by Marcos Alberti

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
【Twitterで話題】家族会議の「議事録」に癒される・・・
意外とラクちん!手作り「スノードーム」の作り方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP