ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『シン・ゴジラ』予告編に海外ファンも大熱狂! 「やっぱり東宝のゴジラが最高」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月29日(金)に公開される映画『シン・ゴジラ』(脚本・編集・総監督:庵野秀明)の予告映像の公開ともに、これまでシルエットが明らかにされていただけで、全貌はベールに包まれていたゴジラの姿がついに解禁!日本での発表を心待ちにしていた海外の熱心なごゴジラフリークもネット上で即座に反応している。

https://youtu.be/ysRIwlEBjuw

12年ぶりとなる日本版「ゴジラ」は、海外の特撮マニアの間でも公開前から非常に期待値が高い関心事だった。今回の予告編の公開を受け、「遂にゴジラが帰ってきた!」「やっぱり本家しかない」「やっぱり東宝にゴジラは任せるべきだ」など歓喜の声が続出している。

尻尾が長く、腕が極端に短いシェイプに関しては「シッポが長いな…このデザインは好きだ」「クールじゃないか」「皮膚の感じが面白い」とのコメントがある一方、「何とも言い難い」「これと比べると2014年のハリウッド版は素晴らしかったと思う」と難色を示す声もあり、日本同様、意見は賛否両論、真っ二つに分かれている。

さらに、「CGが安っぽい、もっとお金をかけないと」という意見には「ゴジラは特撮、CGがメインじゃない」「完全に的外れなコメント、ゴジラの歴史を学びなさい」と特撮マニアとデジタル技術推進派でバトルが勃発しているが、残念ながら(?)、本作はゴジラ史上初のフルCG作品になるということが判明している。

日本国内では、庵野監督の描くゴジラの世界観への関心や、日本の大物俳優や著名人などが総勢328人参加するためいわゆるカメオ出演的な部分への注目度も高くなりそうな『シン・ゴジラ』。斬新ともいえる赤みを帯びた皮膚などへの反応は万国共通のようだが、当分世界中のゴジラファンの議論は続きそうだ。

遂に『シン・ゴジラ』に登場のゴジラ全身を初お披露目です

予告編も本日解禁

総勢328名のキャストも出演

詳細は公式サイトまでhttps://t.co/0vOjHR7gqf#ゴジラ #シンゴジラ pic.twitter.com/UtN2cKHEPN
– ゴジラ (@godzilla_jp) 2016年4月13日

■参照リンク
映画『シン・ゴジラ』公式サイト
shin-godzilla.jp

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

『世界一難しい恋』嵐・大野智の差し入れが「太っ腹すぎる」と話題に 「さすが鮫島社長!」
フジ・加藤綾子アナの胸元全開ウエディングドレス姿に男性ファン大興奮!「カトパンが最強」
SMAP・木村拓哉が女子大生に向けた「初体験」についての大人なアドバイスがイケメンすぎると話題に
大型ルーキー現る?!欅坂46センター・平手友梨奈(14歳)の圧倒的なオーラをまゆゆも絶賛!「どんな人生歩んできたの」
窪田正孝

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP