体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポールのバスに現金を払って乗ってみませんか?

https://www.compathy.net/tripnotes/17858#episode-222014

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールの交通機関

こんにちは、Compathy MagazineライターのSeinaです。私は現在家族とシンガポールで暮らしています。春休みの時期になると、シンガポールを訪れる日本の方を数多く見かけるようになりました。そこで私が街角で日本から来た方によく聞かれることがあります。それは「バスに乗るときどうやってお金を払うのか」ということ。

日本だとバスや電車の切符の買い方は非常にわかりやすくなっています。しかしシンガポールはちょっと複雑。ガイドブックにもはっきり書いていないので、今回は詳しくご紹介してみたいと思います。

通常使われてるプリペイドカード

シンガポールの公共交通機関はEZ-LINKといわれるプリペイドカードで簡単に乗り降りすることができます。電車は当然ですが、バスも乗車時だけでなく降車時にカードをセンサーにかざすルールがあります。

このカードは有料ですが、交通機関の支払いのほかにコンビニエンスストアでの買い物、一部の自動販売機での買い物、タクシーの料金の支払いも可能です。季節やイベントに関係したデザインのものもあるので、お土産にもおすすめ。チャージはMRTといわれる電車の切符の販売機で行うことができます。
https://www.compathy.net/tripnotes/17858#episode-220759

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールの交通機関

電車の切符をお金で買う方法

シンガポールに生活している人の多くはEZ-LINKを使用しますが、電車の切符を乗車分だけ購入することももちろんできます。電車の切符をお金で買う方法はわかりやすいので安心してください。自動券売機で行き先の駅を路線図から選び、表示されたお金を支払います。紙のような切符がでてくるのでこれを入場時にセンサーにかざすだけでOK。日本とほとんど同じですね。
https://www.compathy.net/tripnotes/17858#episode-222013

Photo credit: Seina Morisako「シンガポールの交通機関

バスの切符をお金で買う方法

バスの切符を乗車分だけ買うにはいくつかのステップがあります。まず行くべき場所のバス停を調べます。バス停の名前を読めない場合はメモを作ってもいいでしょう。そして小銭を用意します。

バスがきたら手を上げて、バスを止めます。止まったら乗り込み、その際に「○○にいきたい」と目的のバス停をはっきりバスの運転手に伝えます。運転手が値段を教えてくれるので、その値段を券売機に入れます。使えるのは基本的に硬貨のみです。

https://www.compathy.net/tripnotes/17858#episode-222016
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。