体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイの「パーイ」はバックパッカーが作り上げた街?きっと、沈没する素敵な過ごし方を紹介!

タイの北部にある小さな街「パーイ」。

近年、バックパッカーの中では大変有名になった街はまさにバックパッカーが作り上げた街という印象を受けました。

パーイでは温泉や象乗りなどのアクティビティも楽しめるんですが、多くの旅人はパーイで特に何もアクティビティをすることなく、毎日を街で過ごしているようです。

僕自身もアクティビティには行かずに、パーイの街中をただゆっくりと過ごした日もありました。

その時に感じたのは「なるほど、これは沈没(特に何もせず同じ場所に長期滞在するという意味のバックパッカー用語)したくなるな…」と感じました。

今回、僕が正しいパーイの過ごし方を皆さんにお伝えさせていただきたいと思います。

 

パーイでは川沿いのコテージに泊まろう!

tabipopai15

街にはバックパッカー向けの宿がそこらじゅうにあります。その中でも僕がオススメしたいのは川沿いのコテージです。

tabipopai21

街には川が流れており、川の西側が人が多く集まる場所、東側が自然の風景を楽しめる場所となっています。

川沿いには写真のようなコテージがたくさん並んでいます。

料金は安いところであれば150バーツ程で泊まる事ができ、大半は400バーツ程度で非常に安価です。

しかも、二人で泊まるのであれば一人あたりが半額になるので宿泊代が非常に安くすみます。

 

室内にエアコンやトイレ・シャワーがついている場合もたくさんありますので、タイにある他の都市と比較しても安いといえるんではないでしょうか。

川沿いのコテージの良いところは何と言ってもその自然の美しさを感じられるところ。

夜には明かりはほとんどなく、うっすらとした月明かり、そして時期が良ければホタルを見る事も可能です。

是非、宿泊は川沿いの宿に泊まってみましょう!

 

夜ご飯はナイトマーケットで様々な屋台料理を味わおう!

tabipopai17 tabipopai18 tabippopai25

パーイでも夕方18時頃から外が暗くなってきはじめ、ナイトマーケットが開かれます。

ナイトマーケットはそこまで大きくありませんが、大半が飲食店になります。

 

タイ料理はもちろん、世界中のバックパッカーが集まるという事で屋台もインターナショナルになっています。

カレー/ラザニア/お寿司/サモサ/シャワルマ!

 

本当に世界中のいろんな料理を食べる事ができ、しかも味つけが非常に美味しいんです。

レストランで食べると100バーツ近くする事が大半ですが、ナイトマーケットでの食事であれば10バーツからあります!

節約したい方はナイトマーケットで食事をしてみてください!

 

他の都市とはちょっと違う?パーイのお土産を買っちゃおう!

tabipopai23 tabipopai24
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy