ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイの「パーイ」はバックパッカーが作り上げた街?きっと、沈没する素敵な過ごし方を紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイの北部にある小さな街「パーイ」。

近年、バックパッカーの中では大変有名になった街はまさにバックパッカーが作り上げた街という印象を受けました。

パーイでは温泉や象乗りなどのアクティビティも楽しめるんですが、多くの旅人はパーイで特に何もアクティビティをすることなく、毎日を街で過ごしているようです。

僕自身もアクティビティには行かずに、パーイの街中をただゆっくりと過ごした日もありました。

その時に感じたのは「なるほど、これは沈没(特に何もせず同じ場所に長期滞在するという意味のバックパッカー用語)したくなるな…」と感じました。

今回、僕が正しいパーイの過ごし方を皆さんにお伝えさせていただきたいと思います。

 

パーイでは川沿いのコテージに泊まろう!

街にはバックパッカー向けの宿がそこらじゅうにあります。その中でも僕がオススメしたいのは川沿いのコテージです。

街には川が流れており、川の西側が人が多く集まる場所、東側が自然の風景を楽しめる場所となっています。

川沿いには写真のようなコテージがたくさん並んでいます。

料金は安いところであれば150バーツ程で泊まる事ができ、大半は400バーツ程度で非常に安価です。

しかも、二人で泊まるのであれば一人あたりが半額になるので宿泊代が非常に安くすみます。

 

室内にエアコンやトイレ・シャワーがついている場合もたくさんありますので、タイにある他の都市と比較しても安いといえるんではないでしょうか。

川沿いのコテージの良いところは何と言ってもその自然の美しさを感じられるところ。

夜には明かりはほとんどなく、うっすらとした月明かり、そして時期が良ければホタルを見る事も可能です。

是非、宿泊は川沿いの宿に泊まってみましょう!

 

夜ご飯はナイトマーケットで様々な屋台料理を味わおう!

パーイでも夕方18時頃から外が暗くなってきはじめ、ナイトマーケットが開かれます。

ナイトマーケットはそこまで大きくありませんが、大半が飲食店になります。

 

タイ料理はもちろん、世界中のバックパッカーが集まるという事で屋台もインターナショナルになっています。

カレー/ラザニア/お寿司/サモサ/シャワルマ!

 

本当に世界中のいろんな料理を食べる事ができ、しかも味つけが非常に美味しいんです。

レストランで食べると100バーツ近くする事が大半ですが、ナイトマーケットでの食事であれば10バーツからあります!

節約したい方はナイトマーケットで食事をしてみてください!

 

他の都市とはちょっと違う?パーイのお土産を買っちゃおう!

パーイには本当に可愛いお土産がたくさん!

東南アジアのお土産は可愛いものが多いのですが、売られているお土産は少し北欧の雰囲気すら感じる程です。

とても可愛いお土産なのに、お値段は東南アジア価格!

 

きっと、北欧とかだと3倍とか5倍とかするんだろうなぁ…なんて思う事もしょっちゅうです。

ポストカードやステッカー、マグネットなどを集めながら旅をしている人も大勢いらっしゃると思いますが、確実に大量買いしたくなる事間違いなしです!

 

夜は世界中のバックパッカーとパーティー三昧!


パーイには本当にたくさんのバックパッカーが世界中から訪れています。

僕はたった4泊5日程の滞在でしたが、数えたらきりがない程のバックパッカーに出会いました。

 

印象としてはヨーロッパからのバックパッカーが大半で、全員英語で会話をしていますので比較的コミュニケーションはとりやすいと思います。

写真の場所は僕が通っていたYellow Sunというバーでは、毎晩2時くらいまで生演奏LIVEがありみんなでお酒を片手に大合唱!!

こちらのPai Circus Hostelという所もオススメです。

こちらも夜はファイヤーダンスのショーをしていたり、生演奏LIVEをしていたりと楽しいです。

 

こちらの宿にはビリヤード台や見晴らしの良いプール等があり多くのバックパッカーが宿泊しています。

海外のバックパッカーとコミュニケーションを取りたい方はこちらの宿に泊まるのも良いかもしれないですね!

 

パーイ最大の魅力は何と言っても豊富な自然!!ゆっくり散歩をしよう!

必ずしてほしい事が「散歩」です。

川の東側にはたくさんの自然があり、歩いているだけでわくわくする程です。

ポツポツと地元の方が暮らしている住居が点在しており、こんな大自然の中で暮らしてみたいなぁと思う事でしょう。

 

パーイはそこまで広くありませんし、散歩だけなら1日で充分まわれてしまうかと思いますが、僕のオススメは朝一番の散歩です。

お昼になると乾季であれば気温が40度近くにもなるパーイですので、昼間に外を出歩くのは暑くて嫌になる事でしょう。

 

ですので、朝に散歩をして昼はコテージにぶらさがったハンモックに揺られながら好きな音楽を聴いたり、本を読んだり、他のバックパッカーと一緒にお酒を飲んで楽しむのがパーイの過ごし方なんじゃないかなぁと思います。

 

タイへ行くならパーイは外しちゃだめ!きっと皆好きになるはず!

「パーイ」には本当にたくさんの魅力があります。

近郊にはたくさん訪れるべき観光地もありますし、飽きる事はありません。

ただ、毎日毎日どこかを訪れるのだけが旅じゃないと僕は思っています。

時にはスローダウンしてゆっくり過ごすのも旅の醍醐味なんじゃないかなぁと感じる事がしょっちゅうあります。

 

そういったスローダウンした生活をするのにうってつけなのがパーイです。

チェンマイから3時間程でこれますので、交通の便もそこまで悪くありません。

 

タイと言えばバンコクやチェンマイ等が観光地として目立ってはいますが、こういった自然の中での暮らしを体験する事ができるパーイはとても貴重な場所だと思います。

是非、多くの方に訪れていただき、パーイの魅力にどっぷり浸かっていただきたいと思います!

関連記事リンク(外部サイト)

世界を旅しながら稼ぐ、5人の日本人You Tuber
夢は誰よりも大きいもん!155cm以下のミニマム女子の旅あるある
インドへ行く方へ朗報!インドのオンラインビザが半額以下になりました!
バックパッカー初心者へ!世界一周経験者が教えるホステル選びのポイント4つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP