ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男友達が多い女の子と付き合うべき「10のワケ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いができるかも!?

男女の友情は成立しない、なんてことを言う人もいますが、性別の関係ない友達グループを持つことは、人生を豊かにしてくれます。「I Heart Intelligence」で紹介された、そんな女性と付き合うべき理由を見ていきましょう。

01.
心が広く、
的確なアドバイスをくれる

男友達の多い女性は、人生や恋愛に対してオープンです。彼女たちは、男性と女性の間でも、友人関係が成立することを知っています。そうすることで、様々な視点を持っています。 彼女たちは、アドバイスをするときも冷静な判断をしてくれるはずです(それが男性でも、女性でも)。あなたの悩みにも明確な助言をくれるでしょう。

02.
ポジティブで
あなたを笑顔にしてくれる

男性と仲良くできる女性は、一般的に陽気でポジティブな性格です。小さなことで落ち込むこともないでしょう。 人生において、このような女性と知りあうことは必要不可欠です。もしあなたが運の悪い日を過ごしてしまった時も、彼女たちはあなたの笑顔を引き出してくれるでしょう。

03.
新しいものへの挑戦に前向き

男女どちらも友達がいる女性は、新しい物事へのチャレンジに貪欲です。自分の心を隠さず、興味を持ったことに対して、とても素直です。 彼女たちは、人生を最大限に楽しみたいと思って生きています。そして、その情熱は伝染します。あなたが困難なことに直面したとき、不安を乗り越えるための手助けをしてくれるでしょう。

04.
小さなことは気にしない

彼女たちは些細なことを気にしません。物事を「流す」方法を知っていて、すぐに忘れることができます。自分自身の中に価値観があるので、あなたに変な誘導質問をすることもなければ、言葉の揚げ足をとって追求してくることもないでしょう。 代わりに核心を突いてきます。その分、会話はとてもスムーズです。

05.
エネルギッシュ

男女問わず友達の多い女性は、とてもエネルギッシュです。やりたいことが多すぎていつも時間が足りないので、毎秒ごとにワクワクを詰め込まなければなりません。

06.
寛容で
広い視野を持っている

彼女たちは、物事に固執しません。また、恨み深くもありません。あなたが何か過ちを犯してしまったとしても、復讐に怯える必要はないでしょう。 人生は、あまりにも多くのことで満ち溢れています。彼女たちは広い視野で世界を見ることができ、それを楽しむ術を知っています。 このエネルギーは、あなたがさらに夢を追いかけるようにインスピレーションを与え、さりげなく勇気づけてくれます。

07.
気持ちや考えが一貫している

彼女たちは、とても落ち着いていて感情が安定しています。また、とても陽気ですが強い意思を持っています。彼女たちは自分の幸せをコントロールでき、他人から影響されることもありません。 さらに、混乱や決定を他人のせいにしません。性別に関係なく、彼女たちは鋭い観察眼を持っています。自分自身をも客観的に見ることができるのです。

08.
あなたの男女の友達
どちらも好き

彼女たちは、あなたの男友達ともうまくやっていけるはず。また、あなたの女性友達に嫉妬することもありません。なぜなら「友情は性別関係なく成立する」ことを理解しているからです。

09.
あなたの「いいところ」 を
見つけてくれる

彼女たちは多くの男友達から話を聞いているので「男性は敵ではない」ことを知っています。 いろいろな男性と知り合い、その欠点やダメなところも見ているので、恋人であるあなたの「素敵なところ」もすぐに見つけくれます。比較するのはいいことで、あなた自身も彼女のNo.1になれるよう、努力をするでしょう。

10.
強制しない

みんなと仲良くできる女性は、男女問わず「個性」を受け入れています。彼女は、あなたがしたくないことは何か、必要ないことは何か、を理解しています。あなたに強制することはないでしょう。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

乙女座の人を愛する前に知っておくべき「9のこと」
ケンカはソファで。結婚生活がうまくいくコツ【10選】
あなたが「うお座」と仲良くなるべき11の理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。