ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フライング・ロータス推薦! ジャズ界の新鋭・ジェイムスズーの新曲解禁、アルトゥール・ヴェロカイが参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フライング・ロータスがイチ推しする新鋭ジャズ・プロデューサーのジェイムスズー(Jameszoo)が、デビューアルバム『Fool』を5月13日にリリースする。その収録曲より、ブラジル音楽界の巨匠、アルトゥール・ヴェロカイ参加の新曲「Flu」(https://soundcloud.com/brainfeeder/jameszoo-flu-feat-arthur-verocai)が公開された。

ジェイムスズーのオフショットはこちら

 ジェイムスズーは、新世代ジャズを牽引するフライング・ロータス、ケンドリック・ラマー、ロバート・グラスパー主宰のレーベル・Brainfeederから、2016年、満を持してジャズシーンに投下されるプロデューサーで、カマシ・ワシントン、サンダーキャット、テイラー・マクファーリンに続く期待の新人だ。今回公開された「Flu」には、アルバム自体のインスピレーションにもなったというブラジル音楽界の巨匠、アルトゥール・ヴェロカイが参加。心地よいブラジリアン・フュージョンに、眩いシンセ・ベースを合わせた楽曲の中で、職人気質なギター・プレイを披露している。

 アルバム『Fool』にはそのほか、大御所ジャズ・ピアニスト、スティーヴ・キューンも参加し、脇を固めるミュージシャンも、サンダーキャットことスティーヴン・ブルーナー(Stephen Bruner)、ピアニストのニルス・ブロース(Niels Broos)、ドラマーのジュリアン・ザルトリウス(Julian Sartorius)とリチャード・スペイヴン(Richard Spaven)、ベーシストのラファエル・ヴォノーリ(Raphael Vanoli)、そしてサクソフォーン奏者のジョン・ダイクマン(John Dikeman)と実力派が顔を揃える。

 本作発売日となる5月13日には、ビート・ミュージックの奇才・デイデラス(Daedelus)と、グラミー賞にもノミネートされた気鋭のジャズ系ジャム・バンド、ニーボディ(Kneebody)のコラボ・アルバム『Kneedelus』もBrainfeederから同時リリース。いずれも国内盤にはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入されるという特典付きだ。

◎デビューアルバム『BRAINFEEDER / BEAT RECORDS』
2016/5/13 RELEASE
[国内盤(ボーナストラック・解説書付き)]
2,000円 BRC-513

関連記事リンク(外部サイト)

レディオヘッド新作は6月リリース、聞いたことのないサウンドに
ビョークやアウスゲイル所属レーベルの注目株!アイスランドの若き至宝=サマリスが2ndアルバムを発表
DJシャドウより:みんなへ NASレーベルより5年ぶり新作がリリース!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP