体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おもいでタイムライン】第4回:2003〜2000年、写真、メールで送って!

日本で初めての携帯電話「ショルダーホン」が発売されてから、約30年が過ぎました。そして携帯電話の進化と同時に、私たちのコミュニケーションも大きく変化してきました。携帯電話の歴史は、コミュニケーションの変遷の歴史でもあるんです。

では、一体どんなふうに変化してきたのでしょう?

TIME & SPACEがお届けする、携帯電話の歴史30年を振り返るサイト「おもいでタイムライン」連動連載の第4回をお届けします。今回は2003〜2000年までさかのぼってみましょう。

■おもいでタイムライン
http://time-space.kddi.com/omoide

音声と文字によるコミュニケーションツールだった携帯電話に、この時代、劇的な変革がもたらされます。そう、カメラ機能が搭載されたのです。2016年現在、スマホにせよガラケーにせよ、「カメラがついていない携帯電話」を探すのは極めて困難ですよね。もしかしたら若い年代のみなさんにとっては、通話よりも大事な機能かもしれません。

でも2000年当時、初のカメラ機能付き携帯電話が開発され、テレビCMが大々的に流れたのを見て、多くの人々は首をひねったものです。

今回は、そんな時代の「カメラ機能付き携帯電話の黎明期あるある」を振り返ってみましょう。

ケータイにカメラって、何に使うの?

当時を知る人にとって、最初のカメラ付き携帯電話は「レアなアイテム」でした。発売されたばかりのカメラ機能付き携帯電話を持っている人はそんなに多いわけではなく、誰かが携帯電話で写真を撮ってるのを目撃すると「あ、テレビで見たアレだ!」的な反応。撮影している人も「携帯電話で写真を撮る」というアクションがどこかぎこちなかったり。

発売当時のカメラ機能付き携帯電話は外側にレンズのついた「アウトカメラ」のタイプでしたが、そのレンズの横に小さな丸いミラーがついていました。そこに自分の顔がキレイに映ると、きちんと写真に収まるという寸法。つまり、最初から「自撮り」がおもな用途のひとつに設定されていたんですね。

この時代の携帯電話・スマホは?
「PashaPa(パシャパ)」(2000年11月発売)
→パシャパの「おもいでタイムライン」記事へ

95年に誕生し、その後数年で女性に圧倒的に指示されるようになったプリントシール機と同じような楽しみ方を携帯電話に搭載できないか、というところから開発がスタートしたという説もあります。

この年、auは外付け式の小型デジタルカメラ「PashaPa(パシャパ)」を発売。CMは浅野忠信さんが、金融業界のスキャンダルを偶然撮影し、誤って新聞社にメールしてしまうというヒネリの効いたものでした。「こんな新製品が出ました。もしかしたらこんなことが起きちゃったりして」という内容だったのですが……。今やユーザーが携帯電話で決定的瞬間を撮影し、共有するのが普通になっていますね。

しかし、違う会社のケータイにメールを送れなかった!

この時代の携帯電話・スマホは?
au初のカメラ付ケータイ「A3012CA」(2002年3月発売)
→この携帯電話の「おもいでタイムライン」記事へ

カメラ付き携帯電話は2001年にブレイクを果たします。その一端を担ったのが「写メール」というサービス。実はこの「写メール」、J-PHONE(現ソフトバンク)の登録商標で、同様のサービスをauは「フォトメール」、NTTドコモは「iショット」と呼んでいます。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。