ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で数人 戦闘機に搭乗するカメラマンが撮った迫力の風景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高度約7600mの上空、時速約1000kmで旋回や急降下を繰り返す戦闘機。常人が立ち入ることのできないコックピットに乗り込み、パイロットと連携してその臨場感を切り撮るカメラマン。国際的にフリーランスで危険なこの仕事に挑む者は、現在、世界でも数人。

 その一人、徳永克彦氏(59)は21歳で初めて戦闘機に搭乗して以来、38年間で飛行時間は1850時間以上になる。

「オファーがあっての撮影ですが、戦闘機1機を飛ばせば燃料代などで200万円、10機なら2000万円。仕事として失敗は許されません。上空での撮影は通常1時間。太陽の角度や高度、撮影する背景の地形、機体の姿勢など、すべてをフライト前にパイロットと綿密に打ち合わせ、実行してもらいます。確実に、しかも、安全に遂行できる人間にしか依頼できない特殊な撮影なのです」(徳永氏)

 例えば、ドバイで旋回中のアレニア・アエルマッキM-346(イタリア空軍)は、人工島「パーム・ジュメイラ」を背景にバレルロール(らせん飛行)で撮影。中東の夏は視程が悪く、冬に撮影したという。他にも、夜間飛行をするロッキードF-16(タイ空軍)の写真を見ると、高度7600m、機体の後ろで敵機ミサイルからの赤外線センサーを欺くために放出された「フレア」がオレンジ色に輝いている。

 緻密な空のスペシャリストたちの技術が、我々が普段見ることのできない迫力の風景を写し出す。

撮影■徳永克彦(とくなが・かつひこ):1957年東京生まれ。1978年、アメリカ・ティンドル空軍基地でロッキードT-33Aジェット練習機に搭乗。1984年には日本人初のアメリカ海軍アクロバット航空隊「ブルーエンジェルス」公式カメラマンに選ばれる。以後、各国軍用機の「空対空」専門カメラマンとして活躍する。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
中国の戦闘機と日米の戦闘機どっちが強いのか専門家が分析
ヤングなでしこ田中陽子の笑顔を見てると写真家も幸せになる
中国のステルス機 翼に凹凸あり「戦闘機として考えられぬ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP