ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性の用足し 突然死避けるには立ってするか座ってするか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 直接の死因となる症状が現われてから24時間以内に死亡する「突然死」は、自分自身にとっても、残された家族にとっても悲惨な死に方だ。内科医で『突然死しないのはどっち?』(すばる舎刊)の著書がある池谷医院院長・池谷敏郎氏に、突然死のリスクを避ける生活習慣を聞いた。

●おしっこは「立って」するか「座って」するか

 近頃は座っておしっこをする男性が増えているが、その理由は「トイレを汚すな」という家族のプレッシャーによるところが大きい。だが、立ってするか座ってするかは、突然死にも大きく影響するという。

「排尿の時は血圧が下がるため、体調などによっては意識を失ってしまう場合もある。これを『排尿失神』と呼んでいます」(池谷氏)

 排尿失神は立ってしていても座ってしていても起こるが、立った状態で失神するほうが、危険度が高いことはいうまでもない。

「立った姿勢から失神すると、頭部に100キロ以上の衝撃がかかることも十分にありえます。下手をすると脳内に出血が起こる危険性もある」(池谷氏)

「俺は男らしく立ってする」なんていっている場合ではなさそうだ。

●毎日、「同じ時間に眠る」か「同じ時間に起きる」か

 平日の睡眠不足を週末に「寝だめ」して補う人は少なくないが、これは間違い。

「私たちの体内時計は、朝起きて朝日を浴びることでリセットされ、その約15時間後に眠気がくると決まっています。休日だからと朝起きる時間を遅くすると、体内時計のリズムが一定せず、よい睡眠がとれません。ストレスの増加や高血圧、高血糖、免疫力の低下などを招き、長期的には突然死の危険性が上がります」(池谷氏)

 就寝時間や睡眠時間の長短にはあまり神経質にならず、毎朝一定の時間に起きればよい、と気楽に考えるのが大事なようだ。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
成人の3人に1人は一生に一度失神を経験 死ぬケースもある
座り小便男急増に30代男「朝は角度を工夫しないと無理無理」
はなわ 妻が激怒するため3人の息子と共に家では座りション

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP