ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性専門の「頭髪外来」 8年間で患者数約5倍に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薄毛には男性だけの問題ではない。薄毛に悩む女性も多いのだ。女性専門の髪のエキスパートであるAACクリニック銀座院長・浜中聡子さんはこう話す。

「加齢による血流の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、過度な食事制限によるダイエットなど、女性の髪の変化の原因はさまざま。1つに絞るのは難しいですね」(浜中さん、以下「」内同)

 浜中さんのクリニックの「女性専門頭髪外来」に通う患者数は、2007年から2015年の8年間で約5倍に増加。年代別では40代以上が、全体の約8割を占めている。

「女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、髪に影響を与えているエストロゲンは、毛髪を豊かに保つなどの働きがあります。しかし、20代後半をピークに分泌量は年々減少。40代に入ると急激に減ってしまう。そのため、40~50代で髪の変化を感じる人が増加します」

 若い頃は潤っていた頭皮も、エストロゲンの低下で、肌同様に頭皮の潤いも低下。髪も全体的にパサつき、うねりやすくなる。さらに、加齢による血流の低下も加わることで、髪の成長に必要な栄養や酸素を充分に摂り込めなくなり、その結果、髪が細く、全体的に本数も減ってしまう。

「血行不良の改善には、基本である食生活を見直すこと。3食バランスよく食べ、特に髪を育てる鶏肉・豆腐・卵などたんぱく質と、ミネラルを多く含むナッツ類やひじきなどを意識的に食べてみて」

 髪の毛は毛根の中の「毛球」で作られるが、毛球部に充分な栄養と酸素が行き届かないと健康な毛は育たない。

 また、髪の一生には成長期、退行期、休止期があり、これらを総称してヘアサイクルと呼ぶ。このサイクルは平均4~6年で、ほとんどの期間は毛母細胞が分裂し髪が伸びる成長期。この期間が長いほど髪は長く成長し、太くなる。しかしヘアサイクルがホルモンバランスの乱れなどで狂うと、毛が充分に成長しないまま休止期に入ってしまい、抜け毛が目立つようになってしまうのだ。

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
女性ホルモン 胸が大きい人と小さい人どちらに多いものか
30代に見える57才医師 女性に「排卵後2週間は男と会うな」
更年期に性生活を楽しむには女性ホルモン補充療法が有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP