ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

憧れのダイビングスポット!サイパン島の「グロット」に行こう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Tetsuji Sakakibara via Flickr CC

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。
今回はサイパン島にあるグロットを紹介します。グロットを初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。グロットとはサイパン島にある海蝕洞を指します。外洋からの光が洞窟内で反射し、洞窟内はとても幻想的。ダイバーにとって憧れのポイントとなっています。それでは早速見ていきましょう。

そもそもグロットとは

グロットはサイパンの北部周辺にある海食洞の中で最も大きな洞窟です。洞窟内の水深はなんと22m。洞窟内には外洋へ抜けるいくつかのプールが存在します。そのプールが大変美しく、息を飲むこと間違いなし。独特の青色をしているのです。
そして、そのプールには多くの魚が泳いでいます。それも、なかなかお目にかかれないアオウミガメまで会えるのです。

グロットはどこにある?

グロット(The Grotto)
住所:Grotto Dr, Mariana Islands
アクセス:ガラパン地区から車で25分

グロットへのアクセス

まずは飛行機に乗ってサイパン島へ向かいましょう。日本からサイパン島へは3時間30分で着きます。サイパン市内からグロットへは車で1時間。初心者の方は必ずツアーに参加しましょう。

Photo credit: Tetsuji Sakakibara via Flickr CC

グロットでのダイビングの魅力を少しだけ紹介

グロットでのダイビングの魅力は実際にやらないと分かりません。ここではその魅力を少しだけ紹介しましょう。一言で表現するなら水族館の大型水槽にいるような感覚が味わえます。
ギンガメアジの大群には度肝を抜かれるでしょう。アオウミガメの堂々とした姿も見られるかもしれません。他にも、カスミチョウチョウウオやユニークな顔をしたナポレオンも見られます。

グロットで絶対守って欲しい注意点

グロットでのダイビングはあなたに感動を与えることは間違いありません。しかし、感動を味わうための注意点があります。まず、グロットでのダイビングはとても難易度が高いのです。実際に、グロットは事故が多いことでも有名。グロットでのダイビングではかなりの体力を消耗します。きっちりと準備をし、体力を万全の状態にすることが求められます。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP