ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いやーな耳鳴りが起こるのはどうして? 放っておいても大丈夫?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
いやーな耳鳴りが起こるのはどうして? 放っておいても大丈夫?

キーンとしたり、ザーッとするような耳鳴り。自分にしか聞こえないし、見えない部分なので原因もわかりにくいですよね。一過性のものからずっと続くものまで耳鳴りの原因について紹介します。

どうして耳鳴りが起こるの?

耳鳴りの原因は意外と多く、わかりやすいものではトンネルに入った時や飛行機に乗った時などに、耳がツーンとなることがありますよね。これは気圧の変化によるもので、一過性のものなので心配はいりません。音の大きい場所で仕事をする人やヘッドホンを長時間つけることでも音響障害によって耳鳴りが起こります。無理なダイエットでも耳のまわりの脂肪が減り過ぎて耳の機能が正しく働かずに耳鳴りがすることもあります。ストレスや寝不足が続いて自律神経のバランスが崩れても内耳がむくんだ状態になって耳鳴りを起こすことがあります。このように直接耳の病気でなくても耳鳴りという症状が出ることもあるので、簡単に原因を特定することが難しいこともあります。

めまいや難聴を伴う場合はすぐに受診を

耳鳴りも、一過性のものがたまに起こったり、しばらく発作のように続く場合、耳鳴りで外部の音が聞こえにくくなる難聴を伴うもの、めまいや吐き気を伴うものまでさまざまです。一過性のものだと「何だったんだろう? 」で済んでしまうことも多いですが、ぐるぐる回って立っていられなくなるメニエール病、突然片方の耳だけに起こる突発性難聴など治りにくい病気の場合もあります。頻繁に耳鳴りがする、耳鳴りがやまない場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。早めの治療で聴力が回復することも可能だそうです。

どんな音の耳鳴りがする?

耳が塞がれたような「ガー」「ザー」というような耳鳴りが続く場合、中耳炎の可能性があります。これは浸出液が耳に溜まってしまうため。水が流れるような耳鳴りが続くときは、乗り物や登山、ダイビングなどで圧力が急変し、鼓膜よりも深い場所の膜が破れている可能性が。めまいやまっすぐに歩けない症状がある場合はすぐに受診しましょう。「ゴー」「ブーン」という低温の耳鳴りは、気圧を調整する弁の開閉がうまくいっていない耳管狭窄症の可能性があります。病気で耳鳴りが続く場合、投薬で耳鳴りを軽くしたり、別な音を流すことで耳鳴り自体を聞こえなくしたり、耳鳴りに意識が向かないように訓練したりといった方法があります。

一番多い耳鳴りの原因は、ストレスや自律神経失調症によるものだそうです。心当たりがある場合は放っておかずに心療内科などを受診したほうが良さそうです。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。