体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Raphael 華月の誕生日に解散発表「少年だった僕の夢は……今年の活動で終わりを迎えます」最終章へ

Raphael 華月の誕生日に解散発表「少年だった僕の夢は……今年の活動で終わりを迎えます」最終章へ

 華月(g)の17回忌、メンバー邂逅20周年(結成からは19年)という節目の年を迎えたヴィジュアル系ロックバンド Raphael。12年振りの復活ライブから早3年……4月7日 渋谷TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ【KAZUKI 17th memorial「蒼の邂逅」】を開催した。

Raphael【KAZUKI 17th memorial「蒼の邂逅」】写真一覧

<大きな決断を胸に……彼らの人生をそのまま体現したかのような185分>

 1990年代後半、YUKI(vo)、華月(g)、YUKITO(b)、HIRO(dr)の4人でヴィジュアル系ムーヴメントの波の中で戦い、2000年には日本武道館ワンマンまで辿り着き、その後もホールツアーを敢行する等、凄まじい勢いでスターダムへの階段を駆け上がっていたRaphael。しかし、ほとんどの楽曲を手掛けていたリーダーの華月が急逝。12年にもわたる活動休止期間へ入ることとなる。以降、Raphaelの存在は封印されたかのように思われたが、2012年、メンバーの意思によって復活。賛否両論も巻き起こる中、Zepp Tokyoで行われた2days公演は大成功を収め、これを機に華月の家族からYUKIがギターを託される等、止まっていたRaphaelの時間は再びゆっくりと動き出した。

 あれから3年。Raphaelのメンバーは大きな決断を胸に、4月7日 渋谷TSUTAYA O-EASTのステージに立ち、超満員のファンひとりひとりに向け、この上なく愛と誠意に溢れたライブを展開。彼らの人生をそのまま体現したかのような3時間強を過ごさせてくれた。

<「ギター歴5週間、櫻井有紀です」華月の愛用ギターを演奏>

 この日のライブは、O-EASTにしては珍しい二階建てのセットが組まれており、二階に設置されたドラムセットの隣には、華月が愛用してきたギターたちも。そこにあるアンプを通して彼のギター音源を流す場面もあり、さらにはゲストギタリストとして盟友であるANCHANG(SEX MACHINEGUNS)や咲人(ナイトメア)も登場と、華月の誕生日に相応しい豪華なキャスティングとなっていた。また、フロントマンであるYUKIは「どうだ、凄いだろう? 凄くギターが似合わないだろう?」「ギター歴5週間、櫻井有紀です」と笑いを誘いつつも、華月のギターを演奏しながら熱唱。「この時間は、共にRaphaelの音楽を愛す仲間同士だから、近くで転んだり苦しそうにしている人がいたら助け合ってもらいたいのね。だから隣同士グッと距離が縮まる儀式をやっておきたい。自分の右隣の人の手をスッと握ってみましょう。今から友情を紡ぐよ」と、笑顔の絶えないアットホームな空間作りに努めていた。

 その後も思い出深いRaphael歴代ナンバーを畳み掛けていく中、「華月が残した楽曲たちの可能性を見せたい」と“再演”がテーマだった3年前のライブとは違い、新たなアレンジを施して披露する楽曲も。みんなが愛したRaphaelの音楽はこんなにも可能性に満ちており、いかなる変化を遂げても素晴らしい楽曲として響くことを証明してみせる。

<「またこうやって曲紹介できる日が来るなんて夢みたい」>

 本編終盤に「lost graduation」を歌い終えたYUKIは、華月を「16歳ぐらいでこの曲を書いたんだよね。大した才能だと思う、本当に凄いなと思う」と絶賛しつつ、「ずーっと追いかけてるんだよね……。音楽を辞めちまいたいなと思うことのほうが多くて、苦しいことのほうが遥かに多いんだけど、本当にもうダメかもしれない、自分が自分を維持できないと思うほどギリギリなところで、いつも不思議とみんなとこうして会える機会に恵まれたり、結局は音楽、そして音楽を愛する人に救われるんだよね」と心情吐露。

 そして「ここからもっともっとこの楽曲たちを育んでいきましょう。みんなでもっともっと高めて、もっと素晴らしいものにしていきましょう。楽器は生き物だから弾いてあげることでその真価が問われる訳で……ずっとずっと迷って目を背けてきたもんで、思い立って覚悟を決めたのがつい5週間前だったから全然弾けないんだけど、それでももうギターから目を背けないで、今は不恰好でヘタクソだけど、そんなギターと向き合っていくステージを皆に見届けてもらいたいと思う。ツアーを廻り切る頃には今よりもまともになってると思うんだよ。全国各地に華月のギター達を連れていくから、応援よろしくお願いします」と告げ、華月のギターを胸に抱きながら「Raphaelとして一番最初に描いた作品を聴いてください。またこうやって曲紹介できる日が来るなんて夢みたい。届かぬ貴方へ贈ります。eternal wish」と、今ここに再びはじまりの曲を歌い奏でる。スクリーンには生前の華月がギターを奏でる姿、アンプからはその音色が響き渡り、YUKI、YUKITO、HIROが今奏でる音と歌と重なっていく。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。