ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE NAOTO、VERBALらとHONEST BOYZ(R)を結成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EXILE のパフォーマーで三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのリーダーを務めるNAOTOをはじめ、ファッションデザイナーからクリエイティブディレクター、さらには音楽プロ デューサーなど国内外問わず多岐に渡る分野で活躍するNIGO(R)、m-floやPKCZ(R)のMC、DJ、音楽プロデューサーとしても活躍するVERBAL、DOBERMAN INFINITYでラップを担当するSWAY、そして EXILEのパフォーマーとして活動する関口メンディーがMCネームのMANDY名義で参加する、5人組のユニット『HONEST BOYZ(R)』(ヨミ:オネストボーイズ)の結成が決定した。

HONEST BOYZ(R)は、NAOTO、VERBAL、SWAY、MANDY の4人のMCと、プロデューサー兼DJを務める NIGO(R)の1DJ・4MCのヒップホップユニットで、2016 年夏にリリース予定のデビュー曲『PART TIME HERO』では、NAOTOとMANDYがラップに初挑戦しており、さらには、テレビ東京で4月15日(金)からスタートする、NAOTOの連続ドラマ単独初主演となるドラマ24『ナイトヒーローNAOTO』の主題歌にも決定。

HONEST BOYZ(R)がオープニングテーマを務める「ナイトヒーロー NAOTO」は、NAOTO 自身が 本人役を演じることでも話題を集めております。国民的グループEXILE のパフォーマーや、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE のリーダーを務める傍ら、あることがきっかけで不本意ながらもヒーローとしての活動を余儀なくされたNAOTOが、「正体がバレれば、EXILE、三代目に迷惑がかかってしまう・・・」と気持ちが揺れ動きながらも、犯罪者に泣き寝入りをさせられている社会的な弱者を救うために日夜悪者退治に奔走する姿を描くヒーローアクションドラマになっている。

ドラマ内では EXILE TRIBE メンバーも本人役として多数出演し、さらに毎週異なるエンディングムービーでは、EXILE TRIBEメンバーや世界的に活躍するダンサーとNAOTOが、様々なジャンルのダ ンスで共演しており、普段テレビでも見る事の出来ない豪華メンバーとのコラボレーションが実現した完全撮り下ろしのダンスムービーになっている。

【HONEST BOYZ(R) メンバー 】

NIGO(R)(プロデューサー/DJ)

NAOTO(リーダー) VERBAL(MC)

SWAY(MC)

MANDY(メンディー)

【EXILE NAOTO コメント】
ーーHONEST BOYZ(R)結成の経緯

兼ねてからこの HONEST BOYZ(R)のプロデューサー兼DJのNIGO(R)さんとは、洋服を一緒につくらせて頂いたりと親交がありまして、そのような中でいつか音楽も一緒にやれたら面白いよね、というような話はしていたのですが、そんな時、今回の「ナイトヒーロー NAOTO」というドラマのお話を頂いたのがきっかけで、このタイミングでグループを結成して曲を作ったら、ドラマと一緒 に盛り上がってすごく楽しそうだねとなり、結成に至りました。

ーーHONEST BOYZ(R)結成が決まった時の感想

自分は EXILE、三代目 J Soul Brothersというグループをやらせてもらってますが、今回のHONEST BOYZ(R)は今までとは違った感覚でして、照れくさいようですけど、凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。

結成が決まり、すぐに今回「PART TIME HERO」という楽曲を作らせてもらったんですけど、発案から形になるまでのスピードが目まぐるしいスピードで、本当にたくさんのスタッフの方々や、プロフェッショナルな方々と一緒に音楽を作らせてもらって、あれよあれよという間に、ものすごいクオリティの曲が出来上がったので自分でもすごく驚いています。

ーー「PART TIME HERO」はどのような楽曲になっておりますか?

新しいけどどこか懐かしい 90 年代のヒップホップR&Bのようなサウンドで、ラジオでかかってきたら、すごい心地良いみたいな感覚を、自分たちでもイメージしてました。サビもすごくキャッチーで、みんなのコール&レスポンスとかもあったりするので、心地よく聴いて頂けたら嬉しいです。 また今回、自分もラップに挑戦させて頂いたのですが、照れくさい思いもありましたが、どうせやらせて頂くなら新しいことをチャレンジさせて頂けたら面白いな、ということで「ぜひ!」ということでやらせてもらってます。

ーー初のボーカル(ラップ)に挑戦してみて如何でしたか

気持ちよく歌わせて頂きました!

一緒にグループ組ませてもらったVERBALさんやSWAYだったりとか、普段プロのラッパーとして 活動されている方々と一緒にやっているので、最初は恐れ多いという気持ちだったんですけど、逆 にそういう人たちが味方という意味では、こんなに心強い味方の方々はいないな、という思いで、ここは恥ずかしがる場所じゃないと、思い切ってやらせて頂きましたね。

ーーHONEST BOYZ(R)で今後チャレンジしたい事

メンバーとはどんどん楽曲を作って、いつかはライブもしてみたいと話しております。また、ファッションと音楽を融合させた企画など、肩の力を抜いてリラックスしながら、気持ちの良い音楽と オシャレな雰囲気を皆さんに楽しいで頂けるような、これまでのEXILE TRIBEとは少し違ったエンターテインメントを作り出していければと思っております。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP