ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「VIVA LA ROCK 2016」、スペシャルバンドメンバー&タイムテーブル発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月28日、29日に開催される埼玉県最大の音楽フェス「VIVA LA ROCK 2016」のスペシャルバンド「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」のバンドメンバーと、タイムテーブルが発表された。

バンドメンバーには、バンドマスターに亀田誠治(Ba)、加藤隆志(Gt・東京スカパラダイスオーケストラ)、津野米咲(Gt・赤い公園)、伊澤一葉(Key・the HIATUS)、ピエール中野(Dr・凛として時雨)を迎え、一日限りのスペシャルバンドによる日本のロックアンセムをセッションする。また、各曲にヴォーカリストが出演して会場を盛り上げると同時に、日本のロックの名曲をフェスという場で再確認するという意義が込められている。

鹿野 淳(VIVA LA ROCK プロデューサー)コメント
すべての出演アーティスト告知に続き、今年のタイムテーブルを発表させてもらいます。今から最高のロックとの2日間の過ごし方を何度も何度もイメージしてください。何度も頭を抱えながら作ったタイムテーブルです。ここから後はフェスに参加するみんなに任せました、どうかこのタイムテーブルを基に、ビバラでの音楽体験をあなた色に染め上げてください。どんな選択をしても、素晴らしいアーティストと音楽が、あらゆる場所であなたを待ってます。好きな音楽だけではなく、出逢いを怖れず、果敢に新しい音楽を見つけて下さい。この日だけの音とメッセージがあなたとの化学反応をきっと起こします。ロックフェスは単なるコンベンションの場所でも音楽のカタログでもありません。恥ずかし気もなく申し上げますが、音楽を愛する方々が現実に心の中に手繰り寄せられる、デッカい夢そのものなのです。今年のビバラもそんな夢を2日間に渡って響かせ、そして彩ります。

今回はビバラ名物の日本のロック大アンセム大会!「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」の今年のバンドメンバーも発表します。去年とギタリストがひとり変わり、そしてキーボーディストが加入して、さらにアレンジとダイナミズムの幅が広がりました。日本のロックの名曲を盛り上がりながら再確認し、そして心の一番大切な場所で位置づける、亀田誠治を中心としたこの日だけのスーパーバンドが、今年も去年同様最高の盛り上がりを見せてくれるでしょう。あとは、どんな曲をどんなヴォーカリストと共に響かせるのか?引き続き注目し続けて下さい!

様々なプレイベントも開催します。『SPICE presents「VIVA LA ROCK 2016 決起会!」』は初年度にも開催し、沢山の方々が 集まった「音楽ファンによる大きなオフ会」です。今年もきっと新しい音楽ファンの出会いの場になると思います。『Getting Better Presents ”VIVA LA ROCK PARTY 2016”』は、毎年恒例のビバラ応援企画で今年も大阪や名古屋までビバラを広めて くれる素晴らしいロックパーティーです。

引き続き「VIVA LA ROCK 2016 with Google Play Music キャンペーン」を実施しています。このキャンペーンで Google Play Music の定期購入会員に登録すると(もしくは会員であることを当日会場で証明すると)、もれなく1,000円分のオフィシャルグッズの割引を適用します。洋邦合わせて3,500万曲もの音楽ライブラリーを誇る新しい音楽の楽しみ方を体験するチャンスです。ただいま行っているグッズの先行販売と共によろしくお願いします。さいたまスーパーアリーナに隣接する屋外エリアでオープンする、フェス飯やビヤガーデンを備えたビバラ名物のフリーエリア「VIVA LA GARDEN」も、フェス開催前日の5月27日(金)より開催しています。もしかしたらフェス開催前日の27日、何か起こるかもしれません!?さあ、もうすぐフェスシーズンが本格的に始まります。今年もロックと埼玉に拘った、音楽好きの人達の為のビバラは、あなたと共に音楽を祝福する瞬間を願い、その時を待ってます。

イベント情報
「VIVA LA ROCK 2016」
開催日:2016年5月28日(土)・29日(日)
会場:さいたまスーパーアリーナ
開場/開演/本編終演予定:9:00/11:00/21:00 終演予定

関連リンク

■VIVA LA ROCK オフィシャルサイトhttp://www.vivalarock.jp
■VIVA LA ROCK twitter@vivarockjp
Getting Betterhttp://getting1996.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP