ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査のプロが教える デートで使える豆知識~ゴールデンウィーク穴場スポット編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴールデンウイークはどこかへ出かけたいが、人混みは必至…。

そこで、調査のプロであるリサーチャーさんに、比較的空いている穴場の遊園地を教えてもらった。

今年のゴールデンウイークは隠れた名所で楽しんでみてはいかがだろうか。

るなぱあく(群馬県前橋市)

近代詩人・萩原朔太郎ゆかりの小さな遊園地。元々は前橋城の空堀で、牧場・公園・動物園を経て、昭和29年に遊園地として開園した。

園内には、明治17年の木造建築「臨江閣」や、昭和8年に建てられたラジオ塔など、貴重な文化財が残っている。

入場料は無料。高さ14.5メートルの飛行塔を始め、ほとんどのアトラクションは1回50円

国の登録有形文化財に登録されている日本最古の電動木馬には、なんと1回10円で乗ることができる。

開園以来のべ500万人以上の子供たちがこの木馬で遊んでいるという。

 

桐生が岡遊園地(群馬県桐生市)

小高い丘の上にある入場無料の遊園地。観覧車やサイクルモノレールなど見晴らしの良い乗り物が充実しており、料金は大人200円・中学生以下100円と格安

隣接している動物園も入場無料で、ペンギン・ゾウ・キリンなど20種類以上動物を見ることができる。

園内で買えるのは軽食のみ。レストランなどはないので、お弁当を用意していくのがベター。

広場でレジャーシートを広げればピクニック気分を味わえる。

遊園地は昭和46年開園、動物園は昭和28年開園で、いずれも長い歴史を持つ施設。テレビドラマの撮影にも度々使われているそうだ。

ちなみに、日本の遊園地の原型は嘉永6年(1853年)に開業した浅草の「花やしき」だが、関東大震災の折には営業を中断していた。

中断なく営業している中で最古の遊園地は、大阪府枚方市、大正元年(1912年)開業の「ひらかたパーク」と言われている。

ブラジリアンパーク・鷲羽山ハイランド(岡山県倉敷市)

地球の裏側、ブラジルをテーマにしたハイテンションな遊園地。ブラジル人スタッフも多く、毎日サンバショーが開かれている。

目玉アトラクションの一つが「スカイサイクル」。搭乗者が自力でペダルを漕ぎ、地上16mのレールを走るというもの。

瀬戸内海を見下ろす展望は格別だが、車体はギシギシときしみ、「世界一怖い絶叫マシン」とも言われている。

ちなみに、ブラジルは非常に投票率の高い国。2010年の大統領選決選投票では、有権者のおよそ8割、約1億1千万人が投票した。

ブラジルでは投票は「権利」ではなく「義務」とされており、無断で棄権すると罰則があるらしい。

関連記事リンク(外部サイト)

調査のプロが教える デートで使える豆知識~雨でも平気“屋内デート”編~
彼女に言ってみたいモテフレーズ ~福島編~
縁起の良い数字「3」にまつわる恋愛ジンクス・スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP