ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カードリーダーとUSBハブが合体

DATE:
  • ガジェット通信を≫


基本性能の向上や画面の大型化、そして、Office系アプリの充実により、ちょっとした企画書や報告書であれば、スマホやタブレット端末で作成できるようになってきています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そんなとき、タブレット端末やスマートフォンでマウスやキーボードが使えたら、より便利だと思いませんか。そこでオススメしたいのが、『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』です。

この製品は、microUSB端子(オス)、USB2.0端子(オス)、USB2.0端子、といった3つのインターフェイスを搭載したカードリーダー。最もシンプルな使い方は、microUSB端子でAndroidスマホに、あるいは、USB2.0端子でパソコンに接続して、microSDカードとデータのやり取りをするというものです。

しかし、それだけならよくあるカードリーダー。便利なのは、ハブ機能を搭載しているところにあります。『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』のUSB2.0端子にUSBに対応したマウスやキーボードを接続。microUSB端子をスマホにつなげば、スマホでマウスやキーボードが使えるようになるんです。

注意したいのは、『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』でマウスやキーボードを使えるのは、パソコンを介することなくUSB機器を相互に接続するための規格である「OTG(USB On the Go)」に対応したスマホであること。未対応であれば使用できないので、注意してください。

スマホやタブレットをパソコンのように使いたいという人に、試してもらいたい一品です。
(コージー林田)

『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』(上海問屋/価格:647円)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

カードリーダーとUSBハブが合体はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新製品キーボードPCは「先祖返り」?
「スティック型極小PC」評価は?
タブレットと周辺機器を全て収納
スマホから無線でつながるドライブ
人気キャラ「ダンボー」USBハブ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP