ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

医師・僧侶で末期癌の男性 「少し延びた命」の使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 僧侶、そして医師として数々の末期がん患者を看取ってきた田中雅博氏(70)。自身も末期がんになり、余命を静かに受け入れながら、最期の日々をどう過ごすかを思案している。そんな同氏が説く「死との向き合い方」を説く書『いのちの苦しみは消える』が話題となっている。今、田中氏は何を考えているのか。

 * * *
 前回、週刊ポストの取材を受けてから3か月以上も経って、いま生きているのが不思議です。抗がん剤治療が効いたんですね。宝くじに当たったような気分です。再増悪するまで抗がん剤治療を続けますが、それで延命治療は終わりです。いまは少しいのちが延びた状態なので、どうやって日々を過ごすかを考えています。

〈田中氏は、栃木県益子町の西明寺に生まれた。西明寺の住職として、そして併設された普門院診療所の内科医として、数々の末期がん患者と向き合ってきた。ところが2014年10月に、自身にもステージ4b(最も進行した段階)のすい臓がんが発覚。昨年12月の時点で今年3月の誕生日を迎えられる可能性は少ないと語っていた〉

 人は残されたいのちがあとわずかだということが分かると、死ぬのが怖いという「いのちの苦しみ」がやってきます。それは、医学では救うことはできません。なぜ「いのちの苦しみ」が生まれるかというと、「自分に対するこだわりがあるからだ」とお釈迦様は言っています。

「自分への執着」を捨てるのが仏教の生き方ですが、「いのちの苦しみ」の緩和は仏教だけではありません。自分の人生がどんなものであったとしても、そこに価値を見出して「自分の人生の物語」を完成させる。そして、そこにいのちより大切なものを見つけることができれば、「いのちの苦しみ」は緩和できるのです。

 そのために、医療現場にはスピリチュアル・ケアワーカーが必要です。スピリチュアル・ケアワーカーとは、患者さんや医療従事者の「いのちの苦」のケアをする専門職です。患者さんの話を傾聴して、本人の人生、価値観を尊重します。そしてその人が「人生の物語」を完成させるのをお手伝いする。

 3月に2泊3日で、京都で行なわれた日本臨床宗教師会(日本のスピリチュアル・ケアワーカーの会)の発会式に行ってきたんですよ。私も少しいのちが延びましたので、臨床宗教師の実習の手伝いをすることになったんです。

 それから、進行がんの患者さんやご家族が集まって話す場を月に1回、西明寺で設けることにしました。私は聞き役です。ほとんどの進行がんの患者さんは日本の病院では話を聞いてくれる人がいないので、みなさん、そういう人を探しているんです。

 いまは以前に比べると考えられないくらい暇で、好きなことをしているような状態です。妻には「もっと働け」と言われるほどです(笑い)。医学と宗教の両方に関して話せる人は私以外に少ないので、生きていられる限りは、スピリチュアル・ケアを広める活動をしていこうと思っています。

 Amazonの「お坊さん便」(※注)が話題になっていますが、これでスピリチュアル・ケアワーカーを派遣したらいいと思うんですよね(笑い)。幸いなことに、いまは色々なメディアが取材に来てくれて、私の話を聞いてもらっているわけですから、こんな嬉しいことはないですよ。私にとっては最高のスピリチュアル・ケアになっています。

【※注/インターネット通販大手・Amazonで、法事の際の僧侶の手配が全国どこでもできるシステム。代金はクレジット払いが可能】

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
末期がんの僧侶「余命幾ばくもない患者救えるのは宗教だけ」
末期がんの僧侶 「生きることへの執着を捨てること」を説く
「スピ系男子」が増殖中か 宿泊ホテルで塩をまく等の行動も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP