ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペット供養を行う寺 副住職の結婚きっかけに始まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気温は20℃以上まで上がり、初夏の陽気となった4月10日。大阪市天王寺区にある泰聖寺(柳谷観音大阪別院)で「春の供養大祭」が行われた。犬や猫などペットの合同供養祭で、お骨を手に回忌時の供養で訪れる人、寺院に納骨をする人、約150人が参加し、参列者にはペットの元気な姿を思い出し、読経中に涙を流す人もいた。

 大阪市に住むA子さん(47才)は、3年前に愛犬のポメラニアンを16才で亡くした。動物病院の紹介で泰聖寺を知り、火葬してもらって以来、供養祭には毎回参加している。

「内臓の病気で入院していたとき、命は長くないだろうと言われていました。亡くなった後のことを考えたとき、合同で火葬するのは嫌で、個別に火葬してもらいたく、こちらを勧めてもらったんです。ワンちゃんは離婚していちばんつらかったときに飼い始めた子。この子がいたから頑張れました。自分の子供のような存在です。普段は自宅の祭壇に遺骨を置いて毎日話しかけていますが、もし私が死んだら一緒のお墓に入りたいと思い、こちらの霊園でお墓を建てました」

 A子さんが言うように、泰聖寺ではペットの火葬や納骨といった供養だけでなく、飼い主とペットが一緒に入れるお墓を建てることができる。

 こうした霊園や墓地は全国に約60~70か所あるが、寺院では珍しい。泰聖寺でペットの供養を始めたのは、2012年秋。院代である純空壮宏・副住職が話す。

「きっかけは私の結婚でした。家内の実家に挨拶に行くと仏壇の前に小さな骨壺があり、聞くと、小さな頃から飼っていたワンちゃんのお骨だと言います。火葬の際に邪険に扱われ、その時のことが悲しくて埋葬もできずにいたそうです。他にも聞いてみると、遺骨を自宅に安置したり、庭に埋めたりしているけど、“もっとちゃんと供養したい”という人が多かった。それでペットのための納骨堂を建て、2013年春には火葬できる施設も整えました。石霊標に名前を彫って祀ることや、愛犬をかたどった石像を作り、霊園に安置することもできます」

 火葬の料金は2kg以下(15cm以下)なら引き取りに1万4000円、拾骨1万9000円、2~5kgは引き取り1万7000円、拾骨2万2000円など体重によって決められている。毎月月例の法要があり、読経供養(1霊3000円)や合祀納骨(1万5000円)、納骨壇安置(管理料年間1万円)などができる。始めた当初、火葬の依頼は月に10件ほどだったが、現在は月に80件まで増えた。納骨の依頼は月に30~40件ほど。夜間対応用に火葬車を導入し、訪問火葬も始め、依頼は月に100件ほどにのぼっている。

「火葬をしてからしばらくは遺骨を家に置いて、数年経ってから納骨されるかたもいます」(純空副住職)

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
ペットと一緒に眠れる墓のニーズ高まる 飼い主が続々と参集
ペットの葬儀会社 供養せず山や海に不法投棄する悪徳業者も
今注目の永代供養墓とは? その種類と価格、人気理由を解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP