体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』読者レビュー

pict1

ガジェット通信の製品モニター募集『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は3人の方のレビューを採用させていただきました。

自動給紙に対応したスキャナ『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニプレゼント】
http://getnews.jp/archives/135407

今回はサンコーレアモノショップ様から『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』をご提供いただきました。

*   *   *   *   *

ハルパパさんのレビュー

部屋の掃除をしていると、年賀状、クレジットカードや携帯電話の利用明細書、学校関係のお知らせやプリント、いつか読むだろうと思っている雑誌やフリーペーパー、新聞の切り抜き等の様々な紙が部屋のあちらこちらにあり、細かく部屋を圧迫していることと、思った以上にそれらを見返していないことにガッカリします。

(1)眠らせていた情報を活用できるように
(2)大事な思い出を紛失しないように
(3)いつ使うか分からない紙を処分するために

生活に関係した紙を電子化したいと思い、『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』のモニターに応募しました。

日々の紙文書をコマゴマとスキャンするので、「スキャニングと電子文書の蓄積の連携が簡単にできるか?」をポイントに『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』を使ってみました。自炊のように気張らず日常の中で行う作業であれば、簡単でなければ続かないと思ったからです。

●スキャンEvernoteがとても簡単
私は、原稿をセットしてスキャンボタンを押すだけで、紙文書の読み取り、PDFファイルの作成、オンラインストレージへの格納、といった一連の処理を自動的に行いたいと思いました。そのため、画像データの加工等が不要なので、『USBオートフィードスキャナPS286PLUS』に同梱(こん)されている、PDF変換ソフト、画像レタッチソフト、イメージデータベース、名刺管理ソフト等といったソフトはインストールせず、ドライバとスキャナーをコントロールするソフト(サンコーサイトよりダウンロード)だけをインストールしました。

このソフトには、スキャナー本体側のファンクションボタンによって変更できるファンクション番号に、対応する処理とそのパラメータ設定を割り当てる「ボタン環境設定」が含まれます。ファンクション番号を選択して、スキャンボタンを押すだけでスキャンパラメータ(色、解像度、両面/片面等)と、読み取り画像の扱い(フォルダ格納、FTP送信、メール添付等)を一度に指示することができます。

pict2

画像1: 数字の左に上下の配置されたファンクションボタン

pict3

画像2:ボタン環境設定画面
私は、スキャンした画像でPDFファイルを作成し、そのファイルを自動的に『Evernote』にアップロードしたいと思い以下のようにセットアップしました。

手順1.「ボタン環境設定」でファンクション番号nに、ユーティリティ選択を「PDF Utility」に、保存先フォルダーとして新規作成したフォルダのパス(※1)を入力する。
手順2.『Evernote』クライアントソフト(Windows用)を起動し、「ツール」→「インポートフォルダ」で※1を入力する。

pict4

画像3:『Evernote』クライアントソフトのインポートフォルダ設定画面

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。