ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道、三重、沖縄旅行が当たる!3か月連続でスペシャルキャンペーンを実施!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅をお試しできるサービス、「旅モニ」のモニターが1300組を突破した記念として、旅のプレゼントキャンペーンをすることを発表しました。

北海道、三重、沖縄に無料で行けるチャンスを掴みましょう!

 

旅モニとは

旅モニとは、旅のお試しができる「旅のモニター」のことで、日本の魅力を発掘しようと2012年にサービスが展開されました。

日本各地のホテルや旅館など、宿泊施設にお試しで宿泊ができる「おためし泊」、地域の食材や食べ物の魅力を知ることができる「食モニ」、日帰りで行ける旅行や、レジャー体験ができる「遊モニ」などがあり、旅への一歩を踏み出す場を提供しています。

 

食べ物の試食や試飲をしたり、服を試着したり、音楽を視聴することはできるのに、旅を試す機会はない。旅へのきっかけ作りを提案したいという思いから、「旅モニ」のサービスが誕生しました。

 

旅のスペシャルプレゼントキャンペーンを実施

旅モニのモニター会員数が1300組を突破した記念と、日頃の感謝の気持ちを込めて、旅のスペシャルプレゼントキャンペーンを実施することになりました。

「北海道新幹線で駆ける初夏の大地 函館ロマン紀行」

photo by Vancent Photo

第1弾は、最近新幹線が開業して盛り上がっている、北海道の函館を満喫できる2泊3日ツアー!往路は北海道新幹線を使って移動し、復路は飛行機を利用するというプランになっております。

 

ホテルは、朝食がおいしいことで有名な「ラビスタ函館ベイ」

おいしいご飯と100万ドルの夜景を見ながら贅沢な時間を過ごしましょう。
北海道に関する記事はこちらです
北海道新幹線が開業してますます盛り上がる函館の観光スポット10選を紹介!
北海道の人気お土産15選!絶対外さない北国銘菓
北海道観光におすすめな「魅せられる絶景」12 選

歴史的情緒漂う三重県・伊勢志摩

photo by Kentaro Ohno

第2弾は、5月に主要国首脳会議(サミット)が開催されることで話題となっている三重県・伊勢志摩です。

リゾートホテル界では有名な「アマンリゾート」がオープンした「アマネム」に宿泊するプランとなっています。特急「しまかぜ」の往復乗車券と特急券付きとなっています。

 

お伊勢さんと呼ばれている伊勢神宮も近くにあるので、ぜひ立ち寄りたいですね。 伊勢神宮に向かう際にあるおかげ横丁で、夏季限定の「赤福氷」を食べるのも忘れずに。
三重県に関する記事はこちらです
まるでスペイン!三重県の魅力まとめ
日本一神秘的な場所へ!青春18きっぷで行く伊勢への旅
女性1000人が選ぶパワースポットランキングが発表!第1位は日本の神様が集まるあの場所!

 

南国の地・沖縄で遊び尽くす旅

photo by RORO

第3弾は、これからの季節にもってこいの沖縄県名護市です。

名護市にある高級リゾート施設「ザ・ブセナテラス」でゆったりとした時間を過ごすプランです。羽田空港から那覇空港の往復航空券が付いてきます。

 

沖縄ではすでに海開きを行っており、綺麗な海を見ながらのんびり黄昏れるのもいいですね。名護市は沖縄本島の北部に位置するので、美ら海水族館にも行きやすい場所となっています。
沖縄に関する記事はこちらです
沖縄の代表リゾート地「恩納村」で、年間通して楽しめる観光スポットまとめ
美ら海だけじゃない!観光客が知らない沖縄本島の秘境スポット5選
人気バーガーを食べ尽くせ!沖縄で絶対食べるべきハンバーガー四天王

 

プレゼントキャンペーンの詳細情報はこちら

第1弾:北海道新幹線で行く函館旅2泊3日
応募期間:2016年4月18日(月)~4月24日(日)

第2弾:特急しまかぜで行く伊勢志摩 「アマネム」滞在1泊2日
応募期間:2016年5月30日(月)~6月5日(日)

第3弾:往復航空券付き沖縄名護「ザ・ブセナテラス」で過ごす1泊2日
応募期間:2016年7月予定

 

旅モニ公式サイト

ぜひこの機会に応募してみましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

世界一周経験者14人がおすすめする「海外で食べられる至極の一品 」
ビール好き必見!世界最大のビール祭、オクトーバーフェストに参加してきた。
日本人はまだ知らない!ロス近郊の避暑地サンタ・カタリナ島の魅力
卒業旅行先に迷ったら、オーストラリアのゴールドコーストがいいぞ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP