ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークの平均年収はいくら!?MITメディアラボがオープンデータをビジュアル化するサイト「Data USA」を開設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MITメディアラボが、オープンデータをビジュアル化する画期的なオンラインツールを開発

オープンデータとは、自由に使えて再利用もでき、かつ誰でも再配布できるデータのこと。

近年、世界各国で、行政機関が保有する公共データのオープンデータ化が進んでいるが、データ形式がまちまちであったり、詳細な分析には専門的なスキルが必要であったりと、十分に活用されているとはいいがたいのが現状だ。

・オープンデータを統合し、ビジュアル化

「Data USA」は、米マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MIT Media Lab)、大手会計事務所デロイト(Deloitte)、米スタートアップ企業Datawheelが共同で開発した、オープンソース型のオンラインツール。

国勢調査局、商工会議所など、米国の政府機関が公開するオープンデータを統合し、都市や郡ごとに、人口統計・産業・教育・雇用などのデータをビジュアルで表示する。

たとえば、「Data USA」でカリフォルニア州サンディエゴ(San Diego)を検索すると、居住者人口138万人で、平均世帯年収は6万7999ドル(約744万円)、平均年齢34.4歳であることが瞬時にわかり、Economy(経済)、Education(教育)などのアイコンをクリックすれば、各分野の詳細な情報が閲覧できる仕組みだ。

・オープンデータの利便性向上が今後の課題

「Data USA」と同様、オープンデータをビジュアル化するツールとしては、ブラジルの政府データを扱う「DataViva」が2014年にリリースされ、ここで得られた知見やノウハウが「Data USA」にも活かされているという。

米国では、すでに、20万件ものデータセットがオープンデータとして公開されているが、「Data USA」のように、誰でも簡単にデータを利用できるツールが整うことで、オープンデータがもたらす社会的・経済的価値も向上しそうだ。

Data USA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP