体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン店でお仕事! ハードな職場にはやりがいが一杯!【突撃!バイト体験レポート】

01_IMGP9805-500x375
こんにちは! ノジーマです。
いろいろなお仕事を実際に体験してレポートするこちらの企画。
今回は浅草駅から徒歩4分という立地に店を構える『森田屋 浅草総本店』というラーメン店でバイト体験することになりました!

ラーメン店といえば飲食業の中でも特にオトコの職場というイメージが強いのではないでしょうか。
一人前になるまで厳しい修行を繰り返し、怒鳴られながら技術を盗んでいく……。
本格的なラーメン店であるほど職人の世界という感じがありますよね。

果たしてそんな職場で問題なく仕事をこなすことができるのでしょうか!?
 

ラーメン店は開店前からアクセル全開!

02_IMGP9787-500x375
時刻は午前9時、アルバイト開始時刻となりました!
今回僕にいろいろ教えてくれるのは森田さん。
森田屋のオーナーの息子さんです。

まずはしっかり挨拶を……と思いきや、森田さんはすぐにスープのスタンバイを開始!
開店前の短い時間で準備を完璧に終わらせなければいけないため、のんびりしている場合ではなかったのです!
スープを作る作業を見学してみたいところでしたが、僕はその間に開店の準備を一気に進めることになりました。

仕事開始と同時にいきなりアクセル全開で作業を始めます。
これは早起きしてないとしんどいぞ!

03_IMGP9778-500x375
僕が任された開店準備は細かいけど簡単な作業。
まずは各テーブルに設置されている醤油・酢の容器に中身を補充していきます。

04_IMGP9804-500x375
続いて各テーブルにお冷を用意。
どちらも何でもない作業のようですが、数がそれなりにある上に、ずっと時間に追われているわけです。
これはなかなか焦らされます!

05_IMGP9783-500x375
さらにテーブルの上を拭いたり、床の掃き掃除を済ませたら、続いて調理場の中でスタンバイ。
注文が入ったらすぐに調理ができるように、あらかじめ麺を1人前ずつきれいに並べておきます。
営業中に調理を効率良く進めるためのスタンバイをしっかりしている印象を受けました。

06_IMGP9811-500x375
その合間でスープにも目を配り、焦げ付かないようにかき混ぜるのも忘れてはいけません。
こんな感じでバタバタと作業をしていると、気がつけばもう10時50分。
開店10分前になってしまいました!
まだ森田さんとまともに挨拶すらできてないのに!!
ラーメン店では本当にこの時間帯の作業が大変だということを、いきなり身をもって体感できました。
 

いよいよ開店! ギョーザを焼く“大役”を担当することに!

1 2 3 4次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。