ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻とともに世直しに挑んだムヒカ氏「子供持つ余裕なかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「貧乏な人とは少ししか物を持っていない人ではなく、多くの物が必要で、無限の欲がある人のことです」

“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれる、40代ウルグアイ大統領(2015年に任期終了)、ホセ・ムヒカ氏(80才)を有名にしたスピーチだ。

 2012年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された国連会議でのこのスピーチが話題を呼び、時の人となった。

 彼は大統領官邸を拒み、妻が持つ小さな農場に住み、月10万円で暮らしている(給料100万円ほどのうち9割を寄付)。水道は通っておらず、1987年製のフォルクスワーゲンを運転。その車にヒッチハイカーを乗せたこともあるという。

「彼の言葉を聞いてハッとしました。日々の生活に追われ、あの人のうちは今年も海外旅行へ行って、とか、あの人んちは子供が有名私立幼稚園に合格して、とか、いつも誰かと比べて、うちも頑張らなくちゃ、って焦って…でも、どこかでずっとむなしさもあった。彼の言葉に救われた気がします」(都内・45才・主婦)

 来日したムヒカ氏は4月7日、東京外国語大学での講演会を開催した。「家庭をもって家族を幸せにしたいという気持ちがエゴ、貧困につながるのでは?」と問われると、こう答えた。

「例えば私は自分のパートナーとともに世直しのために挑みました。そのため子供を持つ余裕なんてなかった。私たちは小さな町に住んでいます。そこにはさまざまな若者がいます。私たちは彼らのために学校を作ろうと思っています。そして彼らに国を譲るつもりです。本当の子供はいませんが、彼らがいます。もう少し年を取ったらわかりますよ」

 裕福な家庭に生まれたが、ムヒカ氏に寄り添う人生を選んだ妻で国会議員のルシア氏は、夫の言葉に涙をぬぐった。

 そして4月8日、『“世界でいちばん貧しい大統領”ムヒカ来日緊急特番~日本人は本当に幸せですか?~』(フジテレビ系)で、ムヒカ氏と対面した池上彰(63才)は、彼を「世界でいちばん豊かな大統領」と評した。また資産は推定23万円の愛車のみというムヒカ氏を引き合いに、「安倍さん(総理)は1億円を超えてますから、だいぶ違うなって感じですね」と苦笑した。

 精神科医の香山リカさんは、このフィーバーぶりをこう見ていた。

「震災の後にブータン国王夫妻が来日したときも、やはり同じように日本の多くの人が“幸福”について考えましたよね。注目するということは日本人の多くが頭ではわかっているんだと思うんです。物質的豊かさや収入への欲求は止められないけど、やっぱり本当は気持ちの豊かさとか充実した時間の過ごし方とかそういうことが大事だよなって。だからこそ、ムヒカ元大統領のぶれない精神の強さを目の当たりにして、自分自身も確認したいというところもあるのではないでしょうか」

【ムヒカ氏の波乱の半生】
 1935年5月20日、ウルグアイの貧困家庭に生まれる。青年期に極左武装組織に所属し、ゲリラ活動に従事。上流階級から搾取した富を労働者へ分配し民衆の人気を集めたが、4度の逮捕(うち2回脱獄)、約13年間の過酷な獄中生活を送った。1995年に左派中道政党から立候補し当選、上院議員、農牧大臣を経て、2010年、第40代ウルグアイ大統領に就任。

 任期中、妊娠人工中絶、大麻、同性結婚の合法化などを行った。大統領は在任期間は1期(5年)と決められているため、現在は一国会議員。『ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領』(KADOKAWA/角川文庫)など、関連書籍は計21万部を超える大ヒット。

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
世界一清貧のウルグアイ前大統領 家は使用人より粗末だった
ショーンK氏後任・モーリー氏の持論展開をフジがヒヤヒヤ
【ジョーク】イラン大統領「オバマ無能」への対立候補の反応

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP