体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5軒に1軒は床下にシロアリが潜む!? その被害と対策は

5軒に1軒は床下にシロアリが潜む!? その被害と対策は

春から初夏にかけて、自宅のまわりで羽アリの姿を見かけることはありませんか? その羽アリ、実は自宅に「シロアリ」がいるサインかも。生活習慣病のようにジワリと家をむしばんでいく「シロアリ」が、わが家にいるかどうかをチェックする方法から、防ぐための暮らし方のコツ、プロに駆除を依頼する場合の費用の目安までを聞いてきました。

日本の家の5軒に1軒はシロアリがいる! その被害は?

そもそもシロアリには、「怖い」印象はあるものの、その姿を見たことがある人は少ないはず。家屋の被害も減っているのではないでしょうか。

「実はそうでもないんです。2013年に国土交通省の補助事業として行われた『シロアリ被害実態調査報告書』よると、日本の住まいの5軒に1軒は、床下にシロアリがいるといわれています。築年数にほぼ比例するかたちで被害も増えていくのですが、木造在来工法、2×4、プレハブなど、建物の構造には関係ありません。鉄筋鉄骨の建物、マンションでもシロアリ被害はあるんですよ」と話してくれたのは、シロアリの駆除などを手掛ける、テオリアハウスクリニックの営業部技術開発課の山形翔平さん(以下同)。【図1】床下蟻害の発生割合。(出典:2013年/国交省補助事業「シロアリ被害の実態報告書」より、編集部作成

【図1】床下蟻害の発生割合(出典:2013年 国交省補助事業「シロアリ被害実態報告書」)

ただ、シロアリは通常は土のなかで暮らしていて日光や風に弱く、日ざしにあたると死んでしまうごく弱い生き物。なので、日ごろ、見かけることはほとんどないとか。しかし、ひとたび、巣をつくりはじめると被害は甚大です。「日本にいる主なシロアリは、ヤマトシロアリ、イエシロアリという在来種に加え、外来種のアメリカカンザイシロアリが確認されています。被害が大きいのはアメリカカンザイシロアリで、場合によっては家が取り壊しになることもあるくらい。一般的に生息するヤマトシロアリやイエシロアリでも柱や壁をボロボロに食いつくします」といいます。

初期の自覚症状が出にくいところ、進行するとぼろぼろになるという点では、家の「ガン細胞」ともいえるかもしれません。

4〜6月は、シロアリの繁殖期。羽アリを見かけたら要注意

そんな怖〜い「シロアリ」、家にいるかどうか、素人でも分かるのでしょうか。

「ひとつの目安となるのが、羽アリの存在です。4月末〜6月になると、シロアリが成長して次の巣をつくるために、羽アリとなって飛び出すんです。ただ、家のなかで羽アリを見かけたら実は末期症状。かなり立派な巣があり、柱や壁などがボロボロになっている可能性は高いです」(山形さん)

ほかにも、シロアリがいるかどうかの見分け方として、床下や基礎などに土でつくった筋のようなものがある、床や壁を叩くと軽い音がする、床が不自然にフカフカとした感触で沈む……、などをあげてくれました。

「シロアリは、たいていの土のなかにいます。湿気を好んだジメジメしたところを好み、日を避けるため、土のトンネル=蟻道をつくって、食べ物であるセルロースという成分が含まれる木材や紙などを探すんです。この蟻道は外から見ると筋状になっているので、これがひとつの目安になります。実はこの蟻道、断熱材のなかからも発見されているんですよ」

断熱材のなかにも道をつくるなんて、シロアリ恐るべしです。【図2】シロアリの侵入経路(画像提供:テオリアハウスクリニック) 【図2】シロアリの侵入経路(画像提供:テオリアハウスクリニック)【画像1】床下にできた蟻道。基礎部分にきれいな土の筋道ができている(画像提供:テオリアハウスクリニック)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。