ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年3月時点の国内タブレット所有者は32.4%(MMD調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所が 4 月 14 日に公開した「2016 年タブレット端末に関する定点観測」の調査結果によると、2016 年 3 月時点のタブレット所有率は 32.4% と、意外と少ないことが判明しました。今回の調査は 20 歳以上の男女 6,497 人を対象に行われたアンケート結果に基づくもので、所有率は前年の同月の調査結果(33.0%)よりも減っていました。また、タブレット所有者が現在利用している製品のトップ 3 は、iPad(46.7%)、Nexus(11.1%)、Xperia Tablet(8.0%)という結果でした。これはブランド別のシェアという調査結果になります。やはり iPad ユーザーは多かったようですが、過半数割れしていたことには意外です。MMD の調査結果で興味深いのはタブレット非所有者における購入の意向が昨年から減っていたということです。タブレット所有者のうち 30% の人は 2015 年に購入したものを使っていると回答しましたが、アンケートで購入の意向を質問したところ、「購入したい」と回答した人は 8.7%、「やや購入したい」と回答した人が 19.5% と、購入を考えている人は 30% もいないことが明らかになりました。スマートフォンの大画面化やタッチパネル対応のノート PC の普及などの影響で、タブレット需要が減ってきているのかもしれません。Source : MMD

■関連記事
NTTドコモ向けのGalaxy S7? Samsung SC-02HがGCFの認証を取得
Google、オンラインブックマークサービス「Save to Google」のChrome拡張機能を公開
Google、Android NのベータテストプログラムでOTAファイルを提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。