体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発信者はあなた!「日本の穴場」と世界の旅人をマッチングさせる“LEVART”がオープン

2015年に過去最高の1,900万人を超えた訪日外国人。海外の人は何を楽しみに日本を訪れるのでしょうか。

より旅の目的が具体的になっている昨今、2020年の東京オリンピックを視野に、奥深い日本の「穴場」を紹介するサイトがオープンしました。今回は「LEVART」の魅力を紹介していきます。

スクリーンショット 2016-04-14 13.45.47

photo by lev-art.com

 

旅をメインとしたSNSで「自分の好きな日本」を発信する

LEVARTの特徴は旅を通して、日本人『Locals』と外国人『Travelers』の相互的でスムーズなやりとりを実現させた点です。

スクリーンショット 2016-04-14 16.06.17

photo by lev-art.com

ユーザ登録が完了。さぁそこからあなた自身が魅力的な日本を発信する側になります。投稿する上で大事なのがガイドブックに載っていない内容の、日本の「ANABA」を紹介すること。

スクリーンショット 2016-04-14 14.17.32

photo by lev-art.com

自分が発信した情報「ANABA」に対して「Request Help」個別で質問メッセージを貰ったり、内容が良ければフォロワーができる仕組みになっています。

スクリーンショット 2016-04-14 16.13.57

photo by lev-art.com

また私たちからは「Travel Help」の掲示板から、訪日を検討している外国人をさがし質問に答えることができます。

 

日本の「穴場」3つを紹介!

サイトにはたくさんのガイドブックには載っていない日本の「ANABA」が紹介されています。ここではその一部を紹介します!

東京で借りられるゴーカート
スクリーンショット 2016-04-14 16.33.01

スクリーンショット 2016-04-14 16.30.37
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。