ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイ・マウイ島、青空の下で学ぶアート×木陰で読みたい絵本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜、午後の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。4月14日のオンエアでは、ハワイのマウイ島にあるアートスクールと、青い空の下で読みたい絵本を紹介しました。

マウイ島にあるカフルイ空港から車で走り出すと、目の前に3,000メートルを超える巨大な山、ハレアカラが現れます。山の中腹には「パニオロタウン」というニックネームで呼ばれるマカワオという街があります。「パニオロ」とはカウボーイのこと。マカワオには昔、たくさんのパニオロが暮らしていました。

マカワオの街の小さなメインストリートを抜けて海の方へ少し下りていくと、カーブがいくつか続き、やがて大きく「HUI(フイ)」と書かれた看板が現れます。「フイ」はハワイ語でクラブや組織、パートナーシップのこと。その施設の名前は「フイ・ノエアウ・ビュジアルアートセンター」。芸術をテーマにしたコミュニティースクールです。地元のアーティストたちが中心になって運営されており、アートを学び、アートを教え、アートを楽しむ場所です。広大な敷地にはいくつかの建物が点在しています。リトグラフ、版画を学ぶ教室、セラミクス、焼き物の工房、油絵や水彩画を学ぶ場所もあれば、ジュエリー工房もあります。この島に暮らすアーティストたちが先生となって教え、子供でも大人でも、誰でも学ぶことができます。

敷地にはたくさんの花が咲いていて、鳥や虫が羽ばたいています。丘を描く緑の芝生、大きな樹木が濃い影を描きます。日差しは強くても木陰に入れば、高原の涼しい風が肌をなでます。青い空の下、フイの木陰で開くのに同番組がおすすめする本は、クリスチャン・ロビンソンの『ガストン』。全米で数々のベストブックに選ばれた絵本です。主人公である犬のガストンが可愛いこの絵本、マウイ島の芝生の木陰で広げてのんびりと楽しむのはいかがでしょう?

【関連サイト】

「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP