ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来夏公開の新「スパイダーマン」、タイトルは『SPIDER-MAN: Homecoming』 他のマーベル・ヒーローも登場か!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来年7月7日に全米公開される、新スパイダーマン映画のタイトルが『SPIDER-MAN: Homecoming』であるとマーベル&ソニーピクチャーズから発表されました!!

まずこのNEWSは、4月4日にBBCのサイトが、
ソニーピクチャーズが「SpiderManHomecomingTheMovie.com」というドメイン名を取得したと伝え、そこから「SPIDER-MAN: Homecoming」というタイトルになると噂されていました。

そして4月13日付で マーベルとソニーが発表したのです。
それを伝えるマーベルのサイトは、こちら

もともと今度の映画のタイトルは『スペクタキュラー・スパイダーマン』になる(同名のコミック、アニメ・シリーズあり)と噂されていただけに、サプライズでした。

“HOMECOMING”には「帰郷」とか、あとアメリカの大学で、同窓会みたいなイベント?があり、それをこう呼ぶそうですが、要は、映画化権の問題で ソニーピクチャーズの映画として作られてきた”スパイダーマン”が、このたびマーベル(ディズニー)のマーベル・シネマティック・ユニバースにやってきた=見方を変えれば、マーベルの世界に帰ってきた、、ということを意味しているわけです。

ちなみに1984年の『アメイジング・スパイダーマン』誌252号のエピソードのタイトルが「HOMECOMING」で、宇宙から帰ってきたスパイダーマンが、地球にHOMECOMINGする話。
この号から、スパイダーマンは(後にヴェノムにつながる)ブラック・スパイダーマンになるのですが、、、。

さて、今回の映画『SPIDER-MAN: Homecoming』は、マーベルとソニーで話し合いがついた結果生まれた作品。
4月29日に日本でも公開されるマーベル(ディズニー)映画の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でまず新スパイダーマンがデビュー。そして来年公開のソニー&マーベルで”そのスパイダーマン”を主役にした映画が作られる、まさにその映画のタイトルなわけです。

当然映画『アベンジャーズ』の世界とつながっているわけですから、『SPIDER-MAN: Homecoming』には、他のマーベル・ヒーローの登場も予定されています。
映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、スパイダーマンの面倒をみているのがアイアンマンという設定なので、トニー・スターク登場説。
いまNetflixで話題の『デアデビル』シーズン2に登場するパニッシャー説!(パニッシャーはもともとスパイダーマンのコミックでデビューですから!)
ニック・フューリーがスパイダーマンをスカウトするためにやってくる説、
などがとびかっています(笑)。

なお『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でのスパイダーマンの登場シーンは30分もあり、10分=ピーター・パーカー、20分=スパイダーマン だそうで、相当いいらしい!とのこと!!期待です!!

参考:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のおもちゃのCM。スパイダーマンなりきりセットがフィーチャー!
https://youtu.be/qZmp0OG4kTc

『SPIDER-MAN: Homecoming』は2017年夏日本公開決定!

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

フジ・加藤綾子アナの胸元全開ウエディングドレス姿に男性ファン大興奮!「カトパンが最強」
新ドラ『世界一難しい恋』嵐・大野智の「ハイスペックな変人キャラ」が視聴者から大好評
TBSラジオ・崎山記者が「BABYMETAL」の魅力をアツく語りすぎてスタジオが凍りつくwww 「崎山メタルです!」
長友佑都、記者会見で日本語を忘れる事案発生→代わりに流ちょうなイタリア語で話し「カッコ良すぎる!」とネット上で話題に
松坂桃李が明かした「下半身の意外な悩み」に男性視聴者から共感の声 「一歩間違えたら通報w」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP