ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

晴天の休日!洗濯物を干すのに似合う曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
「晴天の休日!洗濯物を干すのに似合う曲」をテーマに選びました。気持ちの良いお天気の休日は、一気に家事を片付けるのも良いものです。洗濯物もカラッと乾いてくれそうな晴天の下、洗濯物を干すのに似合う曲を5曲選んでみました。

1.「ふれて未来を」/スキマスイッチ
https://www.youtube.com/watch?v=9BCqxGHG69U
青空の下、たまってしまった洗濯物をどんどん洗濯機に入れて、片っ端から干していくと気持ちもすっきり!なんだかストレスが溜まってジメッとした心も太陽はカラッと爽やかにしてくれるんですよね。

そして、洗濯物は人生の選択によっても大きく変わっていくもの。家族と住んでいるのか、一人暮らしなのか、選んだ仕事によっても、お付き合いする人、ファッションの影響を受けた映画や雑誌との出会い、結婚をするかしないかなどで着るもの、洗濯する量も違います。

そんなこと、普段いちいち考えないけれど、この曲を聞きながら干し終えた、太陽の下に揺れる洗濯物を見ながら、これからやってくるキラキラ光る未来を想像するのも素敵な時間になるかもしれません。

(選曲・文/和久井 直生子)

2.「Sunshine Day」/Osibisa
週末に晴れると早起きして、たまった洗濯物を全部片付けてしまいたい。この曲は、土曜日の朝のピーター・バラカン氏の番組のオープニング・ナンバーとしても有名な、UKラテン・ロック・バンド、オシビサの1976年のヒット曲です。

「みんな、やりたいことやろうよ!笑顔が晴れの日を運んで来るのさ!」と、繰り返し歌われていますが、めんどうな家事とはいえ、晴れた日に外に洗濯物を干すのは気持ちいい!思わず笑顔がこぼれますね。

(選曲・文/阪口マサコ)

3.「Taking It Easy」/OHIO KNOX
洗濯は面倒くさいですが、晴れた日の休みだったりすれば、それなりに楽しい気分になります。こんな時には、穏やかな午前中に似合うほのぼのとしたアコースティック・ミュージック。それも、その日の予定に思いをはせて楽しくなる曲を、ということで選んでみました。jazzyでちょっと不思議な始まりから、幸せでお気楽なコーラス部への落差が気持ちいい。“イージー、イージー、どぅびぃどぅびぃどぅ。”そんな風に口ずさみながら洗濯物を干すと、作業がとってもはかどりそう。シンガーソングライター、ピーター・ゴールドウェイが中心となって制作されたオハイオノックスの唯一作より。(1971年作)本作はロサンゼルスの農場で地元のセッション仲間を交えて録音されています。

のどかでearthyな(土のような)雰囲気が魅力のアルバム。

(選曲・文/旧一呉太良)

4.「風の吹き抜ける場所へ」/FLYING KIDS
https://www.youtube.com/watch?v=3rgc_sXm_1U
洗濯物がよく乾く条件として、乾いた風も必要です。風の吹き抜ける場所を目指し、風が通るよう間隔を開けて洗濯物を干しましょう。青空の下で洗濯物が風にはためく風景も、なんだか気持ちが良いものですね。フライング・キッズのこの1994年の大ヒット曲は爽やかなラブ・ソングです。鼻歌で口ずさみながら、せっせと洗濯物干しがはかどる1曲です。

(選曲・文/阪口マサコ)

5.「パンと蜜をめしあがれ」/クラムボン
https://www.youtube.com/watch?v=IfNP6WopSnA&list=PLb3bbWy190paRGI2HZh6JryLqSsBV_vz3&nohtml5=False
休みの日の解放感。晴れた日の嬉しさ。そんな気持ちを音楽に乗せるなら、クラムボンの曲がピッタリです。ピアノの音と共に、心地いいノイズ音と原田郁子の伸びやかなボーカルが混ざると、とても幸せな気持ちになります。

「パンと蜜をめしあがれ」は、1999年に発売されたシングル。心の中に残ってしまうイヤなことや思い出も、いつかはスッキリするんだ、と言ったポジティブな歌詞も魅力です。仕事で感じたイヤなことも、まるで汚れたシャツを洗うようにスッキリさせて、前向きになりたい。そんな気持ちも込めながら、この曲を聴いて洗濯をすれば、きっと笑顔になれるはずです。晴れた空の下、キレイになったシャツを眺めれば、嫌なことも忘れてしまいそうです。

(選曲・文/石井由紀子)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP